先生はノートのどこを見ている? 通知表にもつながる「ノート点」、A評価のポイントは|「主体性」を引き出すノート作り|朝日新聞EduA

中学校や高校の先生は生徒のノートをどのように評価しているのでしょうか。求められているのは、板書を写すだけの受け身の学習ではなく、自ら工夫して学ぶこと。ポイントは、授業中の「気づき」をメモすることにある...

ツイッターのコメント(10)

このシリーズ面白かった。
「主体的に学習に取り組む態度」を評価するには、ノートの記述を定期的にチェックするしかないと思うが、効率的に取り組む方法はないものか。
板書の赤って見えにくくない?蛍光チョークか黄色が見えやすい。
これ、本当にそうだったなって思う。社会は見開きページで使うとか、数学は解き方をしっかり書いておくとか。
このノート作りしてたおかげで塾講師でも比較的わかりやすい説明書けてる気がする!!
まあ、英語は単語でポケモンの絵書いてたけどw
ノート提出で関心意欲態度を評価するのにどれだけ意味があるんだろう?先生が楽したいだけじゃね?って昔から思ってた。
良い評価をされるノートより 自分が解りやすいノートをとれ
効果的なノートテイクの記事ではなく恣意的に抜粋した数名の教員の評価基準を示す記事のどこに意義があるのだろう?>
定期的に発生する話題。「ノート評価」とは何を「評価」することなのか。「指導」とは違うのか。
“学習指導要領が変わるのを機にノート評価をやめたという先生もいる”とのこと、「ノート評価」の意味次第では妥当かもしれませんね。
中学・高校の 、気になりますよね……。
評価の基準については、最初の授業で説明があることが多いようです。モヤモヤする場合は先生に直接確認することが肝要かと。
◇中学・高校で授業ノートを評価する 。通知表の評定にもつながるだけに気になりますよね。板書をしっかり写していればいいの? 字はきれいじゃなきゃダメ? 現役の先生らにポイントを聞きました。
以上
 
PR
PR