TOP > 社会 > 東洋大入試部長の加藤建二さん「一般選抜は通常通りにはできない可能性が高い」|コロナでどうなる大学入試|朝日新聞EduA

東洋大入試部長の加藤建二さん「一般選抜は通常通りにはできない可能性が高い」|コロナでどうなる大学入試|朝日新聞EduA

新型コロナウイルスの影響で休校期間が長く続き、スポーツや文化活動の大会が中止になるなどして、大学入試はどうなるのか、そもそも試験ができるのかと不安視する声が受験生や保護者の間で広がっている。東洋大学入試部で20年以上、入試に携わってきた加藤建二理事・入試部長に、大学の受け止め方と態勢を聞いた。...

ツイッターのコメント(16)

「Web体験授業型入試」手間がかかって大変だけど実際的。2021年度も遠隔授業が一部残る可能性を想定すれば、そういう適性がある学生を一定とりたい。
東洋大入試部長の加藤建二さん「一般選抜は通常通りにはできない可能性が高い」|コロナでどうなる大学入試|
一般選抜は予定どおりにできない可能性が・・・「東洋大学入試部長」 #大学 #大学生 #高校生 #勉強垢 #高校3年生 #大学受験 #大学入試 #大学情報
これはそれぞれの大学の方針、力量が試されるところですね。
無理のないスケジュール、手続きであることを祈るばかりです。
東洋大入試部長の加藤建二さん「一般選抜は通常通りにはできない可能性が高い」|コロナでどうなる大学入試
“……座席を離して実施するシミュレーションを行いました。その結果、一つの教室に通常の半分以下の座席しか設定できないため、倍の教室が必要になります”
ちゃんと考えてくれてる大学もあるんだな。
0528 「本学のシミュレーションのように、一つの教室に入れる受験生が通常の半分だとすると、約50万人が受験する共通テストでは、倍の100万人分の教室が必要になるのです」。
「一般選抜は通常通りにはできない可能性が高い」
そのほかめっちゃ気になることを語ってくださっている…!

>
“ソーシャルディスタンス(社会的距離)を維持するため”

“一つの教室に通常の半分以下の座席しか設定できないため、倍の教室が必要になります”

試験監督もそれだけ必要になるということか…
東洋大学入試部長の加藤建二さん
「一般選抜は通常通りにはできない可能性が高い」 -
先手必勝。今、受験生がすることは心配することではなく、自分は大学で何をしたいかの確認と、入試で必要とされるスキル、学力を磨くことではないか。
高校入試も同じです。
休校期間が長く続き、スポーツや文化活動の大会が軒並み中止になっています。大学入試はどうなるのか、そもそも試験ができるのか――。東洋大学の加藤建二理事・入試部長に、大学の受け止め方と態勢を聞きました。
私が一番懸念しているのは、新しく始まる大学入学共通テストです。本学のシミュレーションのように、一つの教室に入れる受験生が通常の半分だとすると、約50万人が受験する共通テストでは、倍の100万人分の教室が必要になるのですから。
>本学のシミュレーションのように、一つの教室に入れる受験生が通常の半分だとすると、約50万人が受験する共通テストでは、倍の100万人分の教室が必要になるのですから。
2月末にはできた。より簡単な入試へのアプローチでないことを祈る。
以上
 

いま話題のニュース

PR