被害者・加害者「対話の場を」 死刑囚と面会の遺族「許せない。でも、もっと話したかった」:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(3)

朝日★被害者・加害者「対話の場を」「許せない。でも、もっと話したかった」
保険金目的で殺された弟。死刑囚と面会を重ね「生きるからこそ償う意識が生まれる」と死刑執行停止を嘆願。国家が人の命を奪う「死刑」である必要はあったのか。面会を重ねるうちにそうした疑問が
被害者の親族でもないのに被害者の親族の心情を理由に死刑存置をツイートする連中はこの親族をどう見るのだろう? #
被害者・加害者「対話の場を」
 トラック運転手だった弟は1983年、雇い主の長谷川敏彦・元死刑囚らに保険金目的で殺された。長谷川元死刑囚からは何度も謝罪の手紙が届いたが、会おうと思ったのは事件から10年後。「バカヤロー」と言ってやるつもりだった。
 だが、→
以上
 
PR
PR