大阪の臨時医療施設「避難所に近い」 運営を指揮、忽那教授インタビュー:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(11)

新コロ感染急拡大を受け、大阪府は1千床規模の臨時医療施設を整備する。運営を指揮する大阪大大学院(2021年7月〜)の忽那賢志教授は朝日新聞のインタビューに応じ…(2021年9月)

 運営を指揮、忽那教授インタビュー
同記事は紙面でも確認したが、PCR検査抑制論者でもある忽那氏が山口大卒である事も、改めて確認出来た。それ故、彼が医療界やマスメディアで有名になった裏には…と邪推してしまう🤭
 運営を指揮、忽那教授インタビュー:朝日新聞デジタル
「デルタ株の感染力がとても強く、宣言の効果を上回ったということだろう。残念ながら第6波も来る。来ない理由がない。それを想定して準備しておかないといけない」
”入国時の14日間待機はお願いベースではなく、強制力を持たせるべきだ”
《残念ながら第6波も来る。来ない理由がない》
忽那先生がそうおっしゃるなら来るんやろな😢
忽那先生もやはり検疫体制の強化を訴えている。

“侵入阻止には限界があるが、感染拡大を1カ月遅らせることができれば、その間にワクチン接種が進み、重症者を抑えられた可能性がある”
「残念ながら第6波も来る。来ない理由がない」
「それを想定して、いまから臨時医療施設の準備を」
と忽那教授
⇨在宅死をこれ以上増やさないために、国も自治体も大至急整備を!
容易に想像できる事態です。「残念ながら第6波も来る。来ない理由がない。それを想定して準備しておかないといけない」 /
うへえ…>「残念ながら第6波も来る。来ない理由ない」



■「急な重症化・家庭内感染避ける」
「残念ながら第6波も来る。来ない理由がない。」やだ😭
以上
 
PR
PR