(多事奏論)政権の危機管理 「ワクチン敗戦」なぜ起きた 原真人:朝日新聞デジタル

 5年前に大ヒットした庵野秀明総監督の映画「シン・ゴジラ」が描く首相官邸のシーンには驚くほどリアリティーがあった。 ゴジラが突然東京に上陸し、みるみる被害が広がる。そこで右往左往する政権の様子が描かれ...

ツイッターのコメント(14)

(シン・ゴジラ云々はともかく)後半の地の文にも、途中で登場する7年余り7内閣に仕えた元内閣官房副長官・石原信雄氏のインタビューにも、引用紹介したい部分が沢山登場、多過ぎてツイートできない笑。一読推奨。

>政権の危機管理  原真人
副反応の過剰報道でワクチン忌避を煽り、HPVで反ワクチン派にお墨付きを与え、国内のワクチン製造をさんざん毀損し、職域接種を批判しながら職域接種を受ける朝日新聞が「ワクチン敗戦」と他人事のように政府を攻めるの、「パブリックエネミー」という感想しか出て来ないな。
原真人:朝日新聞

ほへー、既にアジアではトップの接種率になってるのに『ワクチン敗戦』とか言ってるのか。
マスコミならもうちょい情報の確認を行ってから、記事にすべきでは?
一年程度の政権にワクチンのような何年もかかる体制をどうしろっていうんだろ。何でもかんでも政権のせいにするより、ワクチンをつくるのを拒む風潮を生み出した朝日新聞の方がはるかに罪深い。
ワクチン敗戦というのは朝日の感想だよね。データ見てないのがよくわかる。ゴミにそんな能力は無いんだろうな
政権の危機管理
✒5年前の大ヒット映画「シン・ゴジラ」が描く首相官邸のシーンには驚くほどリアリティーが。
無為無策、根拠なき楽観、後手後手、朝令暮改、場当たり的、責任回避…。
今ならコロナ危機の風刺劇として見ても全く違和感がない👍
いや日本はワクチンについては勝者の部類だろう。もう追加で買えないくらい充分と見なされてるぞ。と思ったら原真人か。
この記事のように、ワクチンが五輪開催に間に合うようになぜできなかったのか、とは思う。開催にはワクチンが行き渡ってることが肝と思ってたから。
原真人さん
そもそも零細店に言うことを聞かせるため金融機関や卸売業者が圧力をかけるのは独占禁止法が禁ずる「優越的地位の乱用」である。金融庁や財務省、経済産業省の官僚なら、すぐに筋悪とわかる話だ。政権主導の決定ならそんな問題含みのやり方でさえ止まらないのか
"…「シン・ゴジラ」が描く首相官邸のシーンには驚くほどリアリティーがあった。"
"…無為無策、根拠なき楽観、後手後手、朝令暮改、場当たり的、責任回避……。観客はいつしか、ゴジラという危機が迫っているのにいつまでも煮え切らない劇中の官邸幹部たちにいらだつ。"
何なの、これ。
政策評価や官僚の評価はおくとしても、というかそう思ってるなら責任は政策を主導した政治家を選んだ有権者です、と何故言えないのか。
テクノクラート支配が理想ならそう言えば良いのに。
石原信雄に、ここまで言わせる安倍-菅内閣の無惨さよ…。
危機管理の死角は?「ワクチン敗戦」なぜ起きた? 菅政権の何が問題なのか。
「ワクチン敗戦」なんて言われてるの? /
以上
 
PR
PR