事業費削減「脅した方が」 五輪アプリ請負先巡り平井大臣指示:朝日新聞デジタル

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピック向けに国が開発したアプリ(オリパラアプリ)の事業費削減をめぐり、平井卓也デジタル改革相が今年4月の内閣官房IT総合戦略室の会議で同室幹部らに請負先の企業を「脅...

ツイッターのコメント(11)

このアプリの経緯を開示請求しようかな
この手の発言は中小企業は日々浴びせられている。
・安くしろ!
・すぐやれ!
・業者は他にもある!
・出入り禁止だ!
協力会社が無ければ何もできないくせに何を言うか
「すでに開発済みのシステムを使ったサービスなので払う必要はない」ものだったとして、それに(元々の契約73億ー圧縮後の38億=)35億払おうとしてたのもやばい。
自民党政権の通常営業。

安倍晋三さん、これこそが「宿痾」ですよ


#
「オンライン会議で、減額交渉に関連して、「NECには(五輪後も)死んでも発注しない」「今回の五輪でぐちぐち言ったら完全に干す」「どこか象徴的に干すところをつくらないとなめられる」などと発言」|
日本って恐怖政治まだやってるね。笑。100年遅れた後進国のクソ日本。これが全国民(日本人)の代表なんだから笑ってしまうは。
税金の適正利用としての予算削減は理にかなっていますが、流石に交渉なのか恐喝なのか判断が難しい内容ですね。
ただし、開発に「後からじゃんけん」は禁じ手です。
国会で野党に指摘され、追い込まれていた、と。
これって恐喝じゃないんですか?
自民党は相変わらず 恫喝 威圧が大好きみたいで…

そもそもこの人 就任後 何かした?
これを一面にしないのは忖度ではない。朝日が上品だからだ
以上
 

 
PR