(社説)土地規制法案 懸念に応える審議を:朝日新聞デジタル

 恣意(しい)的な運用によって、人びとの権利や生活が不当に制約される恐れもある法案である。にもかかわらず、政府の説明はいまだ不十分であり、拙速に成立をめざすべきではない。まずは、これから始まる参院での...

ツイッターのコメント(27)

・土地規制法案の審議時間。13時間の審議時間で委員会採決。参考人質疑は行われず。施設の機能を阻害する行為に対し、懲役や罰金が科される。生活関連施設は政令で含める。
対象区域も調査の範囲も「機能を阻害する行為」の内容もあいまいで、具体的なことは政令で決められるので、法的な歯止めがかからない。
ましてや罰則のある法律が、あいまいな内容であるというのは、あまりにも危険。住民の人権が保障されなくなる。
[社説] 土地規制法案 懸念に応える審議を: 根本問題は重要事項が曖昧->法成立後に政府がつくる基本方針or政令に委ねられる 法案書き込みor政府答弁で歯止め必要 "施設の機能を阻害する行為"不明確 住民運動規制に利用の懸念 - 朝日新聞

国会軽視のアベ->スガは悪夢の政権だね
とは言っても、安全保障上の要請もある。一方の「懸念」だけを言っていないで、ではどうしたらよいか?をジャーナリズムも考えないと、ただ不安をあおるだけの記事になってしまう。
「施設の機能を阻害する行為」に「基地や原発に反対する住民運動の規制などに利用される懸念は拭えない。」
まぁ朝日新聞も立ち入り禁止だよなぁと思う。
そのように思われている新聞っていらないんじゃないだろうか
⑵「後に政府がつくる基本方針や政令に委ねられている」「法案に書き込んだり、政府答弁で明確に歯止めをかけたりする必要がある」「形だけ議論し、最後は「数の力」で押し切るというようなことがあってはならない」
国民民主党は、野党共闘に絶対に入らないで欲しいです。
朝日はやっぱり中国の工作員!はよ、廃刊せい!
もう政令で決めれるって言ってるので政府に裁量権が広すぎる。
絶対ろくなことにならない。
廃案にすべき。
 
PR
PR