TOP > 社会 > 全戸配布、官僚も耳疑った 迷走マスク問題、舞台裏は:朝日新聞デジタル

全戸配布、官僚も耳疑った 迷走マスク問題、舞台裏は:朝日新聞デジタル

 (1面から続く) 首相官邸は深刻なマスク不足に神経をとがらせていた。新型コロナウイルスの感染が広がり、1月下旬にはドラッグストアなどの店頭で、不織布の使い捨てマスクが品薄状態になった。国内で増産する…...

ツイッターのコメント(37)

耳を疑ったなら、止めてくれ!
第二波対策って国が余計な事をしないように見張っとくって事かな。
和牛振興券、お魚振興券、GoTo〜、不要な布マスク、給付金などの怪しい委託先等々プラス面が無い。

必要な時に検査出来る体制とか、医療機関の動線分けや経済的な支援とか本来すべき事を着実に行って下さい
提灯持ちですか。今頃今更。〆
「関係者らの間では、今回の配布計画は第2次世界大戦中の日本軍による「インパール作戦」にたとえられているという。司令部がずさんな作戦を強行して多くの犠牲を出し、「大戦中最も無謀」と呼ばれた作戦」
当初汚れ等の報道に、他はいざ知らず興和が雑なことをしているとショックだった。コロナ渦に正しい舵取り一つ出来ない政府に巻き込まれ、気の毒。ただ「口約束」で動いちゃいけないし、品質を蔑ろにしてはいけないよ。
官僚も身を挺して止めないのか。まあ、止めないんだろうな。ーーーー
6月入ったけど、はまだ届かず。請負った、興和の日本製の不織布マスク、昨日、ドラッグストアで買えた。
「15層のガーゼを5層に減らし3枚分つくれないか」と興和に政府側から打診したと。
マスクの質を落としてでも数の確保を優先しようとした政府。
その無理無茶無謀の結果が か。
@nhk_ohayou まったくムダになってしまった
税金と時間と労力と…
アベノマスク配布はインパール作戦
これもANTIFAの指示か?
毎日新聞も指示に従ったから、朝日新聞もやるだろう。
頭の構造が今だにインパール作戦じゃ最初からうまくいくわけがない。
アベノマスク 問題は税金と労力の無駄遣いだった。第二波に向け政府は検証を


官邸から「4月までに布マスク1億枚確保できないか」の目標が共有された。
「15層のガーゼを5層に減らし3枚分つくれないか」興和には、政府側から品質を無視した打診も
安倍のマスク顛末
内閣総理大臣秘書官の一言で始まったアベノマスク466億円から260億円に修正😵差額の200億円またお仲間たちで分配するつもりだったのか?😤そんな不正のお金貰い何も思わないのか?アベノマスク回収して
政府も約8億円かけて別の業者に検品を依頼し、配布の遅れにつながった。
ここも重要です、ちゅうもーく
三輪社長「日本の基準に達しているかどうかの確認は、最終的にさせてもらえなかった」
「15層のガーゼを5層に減らし3枚分つくれないか」。興和には、政府側からこんな品質を無視した打診もあったという。
検品するなっていっておいて、問題があったから責任を負わせると言うのは鬼なのでは…
アベノマスクを止められないのは何故なのか?
助成金の中抜き問題等税金泥棒も甚だしいのにストップ出来ない。
予算から執行までの間のチェック機能が働いていないのでは?
ルールの変更が必要だ!
マスク確保に関わった政府関係者の一人はこう振り返る。「『マスクを何とかしろ』という官邸の声の大きい人が言ったことが通り、無理に無理を重ねた」
【 迷走マスク問題、舞台裏は:朝日新聞デジタル】
「不良品一部免責の契約も」???
「緊急を要した」のは官僚であって、国民はカビの生えたマスクなんて欲しくは無い。しかも、未だ届いていないところの方が多いと聞く。何のための「緊急」だ?
〈「『マスクを何とかしろ』という官邸の声の大きい人が言ったことが通り、無理に無理を重ねた」…配布計画は第2次世界大戦中の日本軍による「インパール作戦」にたとえられているという。司令部がずさんな作戦を強行して多くの犠牲を出し、「大戦中最も無謀」と呼ばれた〉。
引き続き 総合2面。マスクが何たるやも分かってないだろう官邸官僚の発案?品質が属国の基準を満たすものかどうか最大契約先とて確認させてもらえてない。続きはログインor紙面で
関係者らの間では、今回の配布計画は第2次世界大戦中の日本軍による「インパール作戦」にたとえられているという。司令部がずさんな作戦を強行して多くの犠牲を出し、「大戦中最も無謀」と呼ばれた作戦だ。
5月27日時点で配布済みの全世帯向けの布マスク・・・配布率は25%・・・5月中の配布完了はできなかった

官邸の声の大きい人が言ったことが通り、無理に無理を重ねた

今回の配布計画は・・・「インパール作戦」にたとえられているという
『関係者らの間では、今回の配布計画は第2次世界大戦中の日本軍による「インパール作戦」にたとえられているという。司令部がずさんな作戦を強行して多くの犠牲を出し、「大戦中最も無謀」と呼ばれた作戦だ』
《関係者らの間では、今回の配布計画は第2次世界大戦中の日本軍による「インパール作戦」にたとえられているという。

司令部がずさんな作戦を強行して多くの犠牲を出し、「大戦中最も無謀」と呼ばれた作戦だ。》
「関係者らの間では、今回の配布計画は第2次世界大戦中の日本軍による『インパール作戦』にたとえられているという。司令部がずさんな作戦を強行して多くの犠牲を出し、『大戦中最も無謀』と呼ばれた作戦だ」
「関係者らの間では、今回の配布計画は第2次世界大戦中の日本軍による「インパール作戦」にたとえられているという。司令部がずさんな作戦を強行して多くの犠牲を出し、「大戦中最も無謀」と呼ばれた作戦だ」。
発注先も、マスクチーム官僚たちも、声の大きい官邸官僚に振り回されたことがわかる記事。そしてこんな迷走に、多額の税金が費やされる…!
私も脳内でずっと「インパール作戦」とこだましていた。司令部がずさんな計画をして多くの犠牲を出した、かの作戦。
"関係者らの間では、今回の配布計画は第2次世界大戦中の日本軍による「インパール作戦」にたとえられているという。司令部がずさんな作戦を強行して多くの犠牲を出し、「大戦中最も無謀」と呼ばれた作戦だ。" /
「15層のガーゼを5層に減らし3枚分作れないか」。興和には、政府側からこんな品質を無視した打診もあったという。
「マスク確保に関わった政府関係者の一人はこう振り返る。「『マスクを何とかしろ』という官邸の声の大きい人が言ったことが通り、無理に無理を重ねた」」
「関係者らの間では、今回の配布計画は第2次世界大戦中の日本軍による「インパール作戦」にたとえられているという」関係者からも言われてるのかよ。
( ..)φ→「首相官邸は深刻なマスク不足に神経をとがらせていた」【 迷走マスク問題、舞台裏は:朝日新聞デジタル】
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR