感染ピーク、緊急事態宣言前 専門家会議「抑制には貢献」:朝日新聞デジタル

 国内の新型コロナウイルスの感染拡大について、政府の専門家会議は29日、これまでの国の対策への評価を公表した。緊急事態宣言は感染の抑制に貢献したとする一方、感染のピークは4月1日ごろで、宣言前だったこ...

ツイッターのコメント(15)

某社は見識あるわ。この会見だとニュースはここだろ。もう少し「そんな甘い評価でいいの?」と突っ込んでほしかったけど。
専門家会議 抑制には貢献 国内の新型コロナの感染拡大について、政府の専門家会議は29日、これまでの国の対策への評価を公表した。緊急事態宣言は感染の抑制に貢献したとする一方、感染のピークは4月1日ごろで、宣言前だったことも明らかに
実際にいつ感染したのか新規感染者の報告から逆算して推定したところ、ピークは4月1日ごろで、緊急事態宣言の前に流行は収まり始めていた。休業要請や営業自粛が都市部で早くから行われていた効果や、3密対策を含めた市民の行動の変化がある程度起きていた
3月欧州持ち込み説はウソでは。
1) 日本で市中流行しているのは主に毒性低い中国株
2) この時期海外で日本人感染旅行者が相次いで見つかる
3) 3月水際検疫で発見された陽性者は少数

クラ対の失敗(方針錯誤)によりすでに日本で市中感染が広がっており3月末に爆発した
貢献したのか、貢献してないのか、そこは棚に上げて、どういう風に貢献したのか、そこが問題なのだが、わかってるのかな?
ほぅ。

"政府の専門家会議は29日、これまでの国の対策への評価を公表した。緊急事態宣言は感染の抑制に貢献したとする一方、感染のピークは4月1日ごろで、宣言前だったことも明らかにした。"
緊急事態宣言は不要だった。国家が一律の外出自粛を強要するのでなく宣言前の緩やかな行動自粛で十分だった。それなら多くの雇用を守れ財政支出も抑制できた。差別や自粛警察も酷くならなかった。必要なのは医療体制整備だったのだ。大本営の自画自賛を垂れ流さず失政批判を!
データを今後に活かすのは良い事だと思います。今のような、大変だみんなで隠れろ!とやるくらいならAIに人生握られてもあまり変わらないと思う。使わないデータなどただの数字でしかない。
「一方、感染のピークは4月1日ごろで、宣言前だったことも明らかにした。」

※感染のピーク後、緊急事態宣言…
朝日一面トップです。以前から指摘されていたことを漸く認めましたね
『ピークは4月1日ごろで、緊急事態宣言の前に流行は収まり始めていた』
『会議のメンバーからは「結果的に宣言のタイミングは遅かった」との声もある』
このグラフを見ると新規感染数が目に見えて増える頃には感染者数はピークを迎えていると分かる。新規感染者数以外に感染者数を知る指標はないのだろうか?
つまり、政府の緊急事態宣言ではなく、度重なる報道から恐怖を感じで自主的に感染を抑えた形か。これはこれで怖い国だな。
以上
 
PR
PR