TOP > 社会 > モノで残す「コロナな世相」 飲食店チラシ・手作りマスク「未来の知恵に」 博物館・図書館・大学で:朝日新聞デジタル

モノで残す「コロナな世相」 飲食店チラシ・手作りマスク「未来の知恵に」 博物館・図書館・大学で:朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスの感染拡大による未曽有の体験を後世に残そうと、各地の博物館や図書館がアーカイブづくりに乗り出した。飲食店のテイクアウトのチラシや、住民手作りのマスクなどの関連資料を幅広く集める。の...

ツイッターのコメント(11)

感染症は一定の周期で起きるから、こういう資料を残すことは大事で、そういう意味では を残すことは最も重要なんだろうなあ。
税金の無駄遣いの象徴として。

 博物館・図書館・大学で
有料会員じゃないとほとんど読めないけど。笑
何年かしたら歴史の教科書に出てくるのかな…
アベノマスクは無視かよと思ったが、一応言及してはいるのか。ご家庭でアベノマスクを保存しておけば、百年後に価値が出るかもしれません(使用済みのほうが価値がある?)ww
 博物館・図書館・大学で
出現したものの裏で、消えたイベントの広報物も歴史に残るといいな😢。世界中で廃棄処分されたポスター・チラシたちのことを考える…。→「 飲食店チラシ・手作りマスク「未来の知恵に」」 博物館・図書館・大学で:朝日新聞デジタル
《のちに、コロナ禍で私たちの暮らしに何が起きていたのかを、きちんとたどれるようにするためだ。》

未来の日本人に迷惑かけたくないですよね。

モノで残す「コロナな世相」博物館・図書館・大学で
「各地の博物館や図書館がアーカイブづくりに乗り出した。飲食店のテイクアウトのチラシや、住民手作りのマスクなどの関連資料を幅広く集める。のちに、コロナ禍で私たちの暮らしに何が起きていたのかを、きちんとたどれるようにするためだ」。
渡邉英徳教授「博物館や図書館等には過去の人々の生き様や経験を蓄積し未来を生きる人がその知恵を役立てられるよう…不愉快な思い出を含め身の回りで起きた事を記録…声が大きい人達だけのストーリーになったり事実が歪曲されたりしないように…
博物館・図書館・大学で:朝日
新聞の折り込みチラシの激変ぶりは何かの形で保存できないかなとは思っていた。あと自粛警察のビラとかも佐倉の国立歴史民俗博物館なんかで保存してほしい。
( ..)φ→「新型コロナウイルスの感染拡大による未曽有の体験を後世に残そうと、各地の博物館や図書館がアーカイブづくりに乗り出した」【 博物館・図書館・大学で:朝日新聞デジタル】
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR