フリースクールの子、性暴力から守れ 10代でスタッフによる被害、今も苦しむ30代女性:朝日新聞デジタル

 大阪府の30代女性が、性暴力の後遺症に長く苦しめられている。不登校だった10代の時、唯一のよりどころのフリースクールで被害を受けた。重いPTSDのために今も自室にこもり、こみ上げる無力感にとらわれな...

ツイッターのコメント(31)

不登校だった10代の時、唯一のよりどころのフリースクールで被害を受けた。重いPTSDのために今も自室にこもり、こみ上げる無力感にとらわれながらも「子どもの居場所を安全にしたい」と願っている。
(2020/2/3朝日)有料記事
今、シューレの性暴力関連の記事やリリースを全部読み返してるんだけど、この報道があったときにも「外部の人間が語るな」と議論の内容ではなく、議論そのものを抑圧する声があったんだね。みんななんでおんなじこと言うん……
虐待を受けた子供の逃げ場である児童相談所での性的虐待、
いじめなどから不登校になった子供の逃げ場であるフリースクールでの性的虐待…
どこにも安全な居場所がなくて地獄

 10代でスタッフによる被害、今も苦しむ30代女性
世田谷区には該当フリースクールの協働事業があり、安全が本当に保証できるのか具体的ガイドラインを示すべきだと区民や市議が質問したけれど、有効な対策は示されていないままだ。保坂世田谷区長 @hosakanobuto は教育ジャーナリストでもあるのだが、この問題を放置するのか。
たとえ熟慮の上の判断であっても、また断腸の思いで整理した感情であっても、自分の心と体がその判断や感情を裏切り、被害者を苦しめています。

和解に応じたことを被害者が何度も後悔するから、何度でも内容の直しが必要であるーーそういう前提あっての和解だと思います。
素朴な疑問
1、なぜ今頃に
2、「フリースクールの国内最大組織・NPO法人フリースクール全国ネット」の代表理事が奥地圭子氏だと書かない。 
「 10代でスタッフによる被害、今も苦しむ30代女性:朝日新聞デジタル
文字通りひきこもり食い物にしてたのか ってやかましいわ
10代でスタッフによる被害、今も苦しむ30代女性 "女性が籍を置いていた…「東京シューレ」…裁判記録…スタッフとシューレが性暴力を認め、謝罪…フリースクールに…子どもたちは唯一の居場所を失いたくないという気持ちになりがち"
産婦人科医は必ず看護師か助産師が同席しているところで診察をする、といった類の安全ルールを定めるとよい。子どもには必ず複数で接するというルールだ。

 10代でスタッフによる被害、今も苦しむ30代女性:朝日新聞デジタル
家庭内性暴力の被害者も、DVも、同じように自分の居場所が無くなると必死だった、と考えるのは難しくない。
弱いものいじめばかりで鬱々としてくる。
 
PR