TOP > 政治・経済 > (日米安保の現在地 基地と負担)首都の空、手放さぬ米軍 五輪中の基地民間共用、難色:朝日新聞デジタル

(日米安保の現在地 基地と負担)首都の空、手放さぬ米軍 五輪中の基地民間共用、難色:朝日新聞デジタル

25コメント 登録日時:2020-01-26 06:14 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 「五輪で東京に民間機が集中する。五輪期間中に、米軍横田基地を民間機も共同使用できないだろうか」 日本政府が米軍にこう打診したのは、昨年のことだった。米軍の運用などを協議する「日米合同委員会」の下部組…...

ツイッターのコメント(25)

中華人民共和国、ロシア、南北朝鮮同様日本の主権を蹂躙する
在日米軍。
憲法九条、日米安保を目眩ましに用いる75歳の占領軍。
やはり植民地に対する宗主国の態度です。なぜこれに右翼の人たちは怒らないのだろう。不思議です。→
「日本は一応独立国ですし せめて五輪期間中だけでも横田空港を日本も使用できないでしょうか」

自称トランプ大統領の親友で森羅万象を司るという安倍首相のもと日本政府が米国に打診

だが米軍幹部が「そんな交渉はしない」とケンモホロロ
属国の分際で!とお怒りの宗主国様
日米安保 現在地 基地 負担 首都 の 空 手放さぬ 米軍 五輪 基地 民間共用 難色 米 朝日新聞デジタル TOKYO JAPAN USA 上下関係 敗戦国 表向き 独立 国家 国会 議員 政治家 行政 学校 教科書 アメリカ しがらみ 原発 現実 事実 真実 金 流れ 辿り 繋がり 日本人 税金 奴隷 教育
「クィアなんちゃら」が「自分たちは、他人に、ボイコットを、強要する、権能を有している」論拠の一つとなっている「占領」っていったい何だ? →  五輪中の基地民間共用、難色:朝日新聞
集団的一部行使を認めたのに、ここで交渉できないのかなぁー、安倍政権は。
オリンピック時の民間機利用は横田基地を管理する米軍にとっては「何のメリットもない」からな。
そりゃあ無理でしょうに。
性被害のトラウマ治療に繋がるまでは考えられなかったし、考えないようにしていた。一人一人が見ないことの大きさは思う。見ない間に軍事国衰に陥ろうが、自分の性被害のトラウマ回復の方が先だった。主体なさの不安から軍事私欲に依存するのは米軍も安倍政権も病んだ人は同じ
ご存じですか?首都圏の空は、米国のものになっていることを…。「 五輪中の基地民間共用、難色」
日米地位協定により、1都9県の空域が米軍に管制され民間航空機は許可なしに進入できない。六本木では米陸軍のヘリ基地があり航空法を守る義務もなく低空で飛行する。
日米地位協定の改正こそ優先すべき。>

(日米安保の現在地
この米軍の態度、ヒドすぎない?

東京の広大な空域を占拠する在日米軍横田基地。オリンピック期間くらい共用をという日本に対し、「そんな交渉はしない」と門前払い。

首都上空の管制権を外国軍に掌握されてる「独立国」なんてない。日米安保60年、もう見直すときッス。
横田空域についてよくいわれる「首都の空が米軍に…」との表現に違和感。意味は理解するが、“首都”だから問題なの? 沖縄では事実上嘉手納空域が残り、米軍の訓練空域も拡大し、夜間も米軍機が爆音を立て、墜落の危険と隣り合わせ。それはいいの?

首都の空、手放さぬ米軍
"首都圏の上空を覆う巨大な空域は戦後,GHQが管制を掌握。今も日米地位協定を根拠に日米合意で米軍が管制を握り,日本の民間機は米軍の許可なしに進入できない

最高高度7千メートルの横田空域が壁となり,羽田空港を発着する民間機の飛行ルートは急上昇や旋回を強いられる"
「政府関係者は「同じ敗戦国のドイツやイタリアでさえ、首都上空は自国で管制しており、横田空域は異質な存在」と語る」。
この問題は日本の主権として与野党を越えて一致団結して欲しい。
「東京五輪に米軍も真剣に協力しているイメージが出る」と促しても、米軍幹部は首を横に振り、「日本には何か、将来への下心があるのではないか」とも語った。
日本を取り戻そうとするなら、改憲より優先順位が高いでしょう。
令和ニッポンでも、国のあり方はグアムと同じ。
「1964年、戦後初の日本でのオリンピック開催では、「米軍基地の返還」が大きく動いた…米側はワシントンハイツを全面返還。五輪中は「選手村」として使われ、その後は代々木公園などが建設された。2回目となる東京五輪で、首都圏の「基地返還」が動き出す気配はない」
東京の上空に存在する米軍の「特権」は横田空域だけではない。繁華街・六本木には、米陸軍のヘリポートがある。航空法が定める最低高度規制に従う義務がないため、低空を飛行。騒音などで東京都や港区は毎年、撤去を要請しているが、動きはない。
そりゃあそうだろうね!支配は続いているんだから!日本の空は日本のものじゃない!属国なんだ!ずっと!
→要するに、現在の日米安保条約は米軍に占領軍の地位を与え続けているもので、日本にとっては屈辱的な内容です。独伊はずっと前に平等条約に変更したのに。。
五輪中の基地民間共用に難色

米軍幹部は「そんな交渉はしない」と突っぱね…「東京五輪に米軍も真剣に協力しているイメージが出る」と促しても首を横に振り「日本には何か、将来への下心があるのではないか」と
以上

記事本文: (日米安保の現在地 基地と負担)首都の空、手放さぬ米軍 五輪中の基地民間共用、難色:朝日新聞デジタル

いま話題の記事