TOP > 政治・経済 > (社説)国会閉幕、参院選へ 問われる政治の機能不全:朝日新聞デジタル

(社説)国会閉幕、参院選へ 問われる政治の機能不全:朝日新聞デジタル

 通常国会が閉会した。取りざたされた衆参同日選は見送られ、参院選は来月4日公示、21日投開票が決まった。 与野党は選挙戦に走り出しているが、まずはこの国会を振り返り、政治の現在地を改めて確認しておきた…...

ツイッターのコメント(31)

150日間の会期であらわになったのは、政府与党が一体となって情報を出し渋り、論戦の機会を奪い去る荒涼たる言論の府の姿だった。
国民の代表が集う国会の機能不全は、民主主義の危機そのものである。しかし、安倍政権と与党にその自覚はなさそうだ。
国会で行政監視の↑
今の日本の政治は底抜けにおかしい。暗澹たる気持ちになる。
たまには朝日の社説。安倍批判のお手本に。
今日の「お前が言うな」。
(社説)国会閉幕 説明責任を軽んじ、議論を嫌うのは、この政権の体質といっていい。:朝日新聞デジタル
「予算委員会は、予算成立後の4月以降全く開かれず」これがひどすぎて。国会で議論する場を何か月も設けなかったってサボタージュそのもの。現政権が不誠実というほかないけど制度に欠陥があるんだろうなあ / “ 問われる政治の機能不全:朝日…”
「説明責任を軽んじ議論を嫌うのはこの政権の体質といっていい。一昨年は憲法に基づく臨時国会の召集要求まで放置を決め込んだ。…国民の多くが関心を寄せる政策課題をめぐる議論に背を向けておきながら、憲法だけを取り上げて、野党の姿勢を批判するのはご都合主義の極み」
ごもっともだけど、
昨日の社会面は何なの?
こういうことをもっと報じろよ!

(社説)国会閉幕、参院選へ
政治の機能不全という朝日新聞の認識に同意します。
では、なぜこんなことになったのか?
朝日新聞を含むメディアが検察と一体になって小沢一郎氏に濡れ衣を着せ、政治の中心から排除したことが原因ではないのか?
胸に手を当てて考えてもらいたい
通常国会を振り返り、政治の現在地を改めて確認しました。参院選を考える材料にもなればと思います↓
説明責任を軽んじ、議論を嫌うのは、この政権の体質といっていい。一昨年は、憲法に基づく臨時国会の召集要求まで放置を決め込んだ。国会に出席して自らの施政を説明し、議員の質問に誠実に答える。その責務を安倍首相が果たしているとは到底いえない。(社説)
戦前の失敗を繰り返したくない。無関心なうちにモノが言えなくなるよ。国民の知る権利を無視する政党は選ばない▼年金の給付水準の長期的な見通しを示す財政検証も、結局、国会開会中に公表しなかった▼
朝日社説が「問われる政治の機能不全」。立憲民主党などの野党を焚き付けて、政治の機能不全を主導した張本人である朝日新聞がそれを主張しても説得力は皆無。
参院選を前に必死にフェイクニュースを流す朝日新聞
韓国朝鮮立憲民主党や社民党寄りの新聞。
朝日新聞
国会の機能不全は、民主主義の危機そのものである。世論調査では、参院選で重視する政策で最も多かったのは「景気・雇用」「社会保障・福祉」

「国会の機能不全」はフェイクです。内閣委員会・決算委員会・厚生労働委員会など、首相はフツ~に出席しています
メディアも
特に即効性のあるテレビが
与党による予算委拒否を【報道忌避】して
安倍政権を大いに助けた😡

「予算委員会は予算成立後の4月以降全く開かれず…国会の規則では委員の3分の1以上の要求があれば開催が義務」

社説 国会閉幕、参院選へ 問われる政治の機能不全
野党や朝日こそご都合主義の極みであろう。 /
問われる政治の機能不全

多くが関心を寄せる課題を議論に背を向けて
憲法改正だけを公約にあげ、野党の姿勢を
批判するご都合主義の極みだ
健全な政治の機能を取り戻せるか、
それが参院選で問われることになる
正しい政治を求め選挙に行こう
国民の多くが関心を寄せる政策課題をめぐる議論に背を向けておきながら、憲法だけを取り上げて、野党の姿勢を批判するのはご都合主義の極みだ。

 6年6カ月に及ぶ長期政権の下、行政府と立法府の緊張関係は失われ、政権にはおごりと緩みがはびこる。

(朝日社説)
問われる政治の機能不全:朝日新聞
会期であらわになったのは、政府与党が一体となって情報を出し渋り、論戦の機会を奪い去る荒涼たる言論の府の姿だった。国会の機能不全は、民主主義の危機である。しかし、安倍政権にその自覚はなさそうだ。
憲法審議会については全く逆のことを言い出す新聞みたいなもの
驕りと緩みはお前のことだ。反吐が出るな。このくそ野朗には
〉その後の150日間の会期であらわになったのは、政府与党が一体となって情報を出し渋り、論戦の機会を奪い去る荒涼たる言論の府の姿だった👉
安倍政権の憲法違反にも触れていて、よい。
その通りです‼️
 国民の多くが関心を寄せる政策課題をめぐる議論に背を向けておきながら、憲法だけを取り上げて、野党の姿勢を批判するのはご都合主義の極みだ。
≪国民の多くが関心を寄せる政策課題をめぐる議論に背を向けておきながら、憲法だけを取り上げて、野党の姿勢を批判するのはご都合主義の極みだ≫

安倍政権の行状を見れば、改憲議論に乗るなど痴呆の振る舞いでしかないのは誰の目にも明らかだ。
ようやくはじまった政権の総括
>国民の多くが関心を寄せる政策課題をめぐる議論に背を向けておきながら、憲法だけを取り上げて、野党の姿勢を批判するのはご都合主義の極みだ。
兎に角安倍政権の全てが気に食わないから何でもいいので文句付ける、毎度の朝日新聞節炸裂ですか(笑)議論しないじゃなくて、無責任野党がまともに議論出来ないの間違いでしょ(笑)
国民の多くが関心を寄せる政策課題をめぐる議論に背を向けておきながら、憲法だけを取り上げて、野党の姿勢を批判するのはご都合主義の極みだ。6年6カ月に及ぶ長期政権の下、行政府と立法府の緊張関係は失われ、政権にはおごりと緩みがはびこる。
「6年6カ月に及ぶ長期政権の下、行政府と立法府の緊張関係は失われ、政権にはおごりと緩みがはびこる。健全な政治の機能をとりもどせるか、それが参院選で問われることになる」 / “ 問われる政治の機能不全:朝日新聞デジタル”
〈150日間の会期であらわになったのは、政府与党が一体となって情報を出し渋り、論戦の機会を奪い去る荒涼たる言論の府の姿だった。民主主義の危機そのものである。しかし安倍政権と与党にその自覚はなさそうだ…説明責任を軽んじ、議論を嫌うのはこの政権の体質といっていい〉
以上
 

いま話題のニュース

PR