TOP > 政治・経済 > 財政赤字の容認論、首相は共感? 異端の理論、麻生氏・日銀総裁は否定的:朝日新聞デジタル

財政赤字の容認論、首相は共感? 異端の理論、麻生氏・日銀総裁は否定的:朝日新聞デジタル

10コメント 登録日時:2019-04-05 06:35 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 財政赤字は怖くない? 4日の参院決算委員会では、米国で注目される「異端」の経済理論を交えて、日本の財政状況をめぐる質疑がかわされた。この理論も踏まえて日本は借金を増やしても財政破綻(はたん)しないと…...

Twitterのコメント(10)

異端の理論、麻生氏・日銀総裁は否定的
「否定的な見方が多いMMTだが、残高が国内総生産(GDP)の約2倍という先進国で最悪の借金を背負いながら金利が低く安定している日本を、その『成功例』とみなす議論もある」
安部さんも困ったものだなぁ。。財政に対してまるで責任感というものがない。
うさんくさいなー

破綻しなければ、それはそれでいいけど普通にかんがえてダメだろこんなもん
時期は別として、自己変革できない国家は、国民の皆さんが、痛い目をみる~命は取られないだけましだが~
貨幣発行は子供の肩叩き券と本質的に同じで子供がこれを発行してお母さんからお菓子を貰いお父さんとお母さんの間でも券が流通すれば成立する。発行時のお菓子は子供の貰い得に見えるがいつかは肩叩きしなければならず出来ない程に券を発行すれば暴落する。MMTは単純に誤り
それなら衆参・予算決算・合同委員会で、一般・特別会計を世の中に曝け出し、財務審議をしてくれ!。町の本屋の平台本レベルの話を、国の予算使って延々としてんじゃねぇ!(怒) /
MMTが国会の場で議論されるのは素晴らしいと思うが、どうも話がかみ合っていないような気がする。MMT=金融緩和だけでもないし、財政赤字を全く無視という事でもないと思う。そこが、双方とも、すれば極端になりがちな気がする。
国家議員に国債で歳費を支払ったらどうだ?売るなり焼くなり好きにしろと。
政党助成金も国債で支払い。利息込み。お得だ。

 異端の理論、麻生氏・日銀総裁は否定的
無制限に財政赤字を膨らましてもいい(今破綻していないから)というMMTのようなブードュー経済学は昔なら世に出てこなかった。SNSが発展していない頃は、きちんと経済学や金融論を学んだ新聞記者たちが、このような呪術経済学が世にせるのを防いでいた(続く)
米じゃ「ブードゥー経済学」とか言われてるのに…。
以上

記事本文: 財政赤字の容認論、首相は共感? 異端の理論、麻生氏・日銀総裁は否定的:朝日新聞デジタル

関連記事