TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > (社説)海賊版対...

(社説)海賊版対策 拙速反省し検討深めよ:朝日新聞デジタル

11コメント 登録日時:2019-03-16 07:51 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 土壇場で仕切り直しとしたこと自体は妥当だ。肝心なのは、混乱を招いた責任をどれだけ自覚し今後に生かせるかである。 政府は今国会への著作権法改正案の提出を断念した。ネット上にある漫画などの海賊版への対抗…...

Twitterのコメント(11)

参院選後に議論は再開されるが、反省を踏まえた慎重な対応が必要だ>反省なんかしねーよ、選挙勝ったら強行採決ってのがCODAやら甘利の考えだろーし>
の社説が久々に真面なこと書いてる思ったら、やはり「政権にとって想定外の展開」などと、批判せずにはいられないんですね。文化庁や自民党文化部会の愚行を止めたのは、安倍総理の一言だったと知ってるくせに…。

3月16日 朝日新聞(社説)より
"ネットによる情報収集が当たり前になっている現実と、めざす政策との間に大きな隔たりがあるのに、それを埋める努力や工夫を欠いた"
その土壇場で仕切り直すように指示したのは誰が、明確に報道しろ!安倍自民党総裁だよ!阿呆!
「海賊版対策 拙速反省し検討深めよ」『朝日新聞』
拙速反省し検討深めよ
『海賊版対策の目玉として唐突に表明したサイトブロッキング(接続遮断)が、通信の秘密を侵すとの理由で昨秋に頓挫すると、かわってダウンロードの違法化を構想』

都合良く解釈し、取り締まりができる法律が欲しかったんだろうか
「ネットによる情報収集が当たり前になっている現実と、めざす政策との間に大きな隔たりがあるのに、それを埋める努力や工夫を欠いた」←これ、部数減から報道の質がジリ貧になってる新聞各社も同じでは。
無料で見られる環境にあったとしても、造り手のために対価を払って購入して視聴するってのが普通になればいいな。
取り締まることより、こっちの啓蒙の方が大切なんじゃなかろうか。
「ネットによる情報収集が当たり前になっている現実と、めざす政策との間に大きな隔たりがあるのに、それを埋める努力や工夫を欠いたことが、最終盤での破綻につながった」

痛烈。ネット知らずがネット規制をしようとしたからだ、と主張。
朝日の社説。「ネットによる情報収集が当たり前になっている現実と、めざす政策との間に大きな隔たりがあるのに、それを埋める努力や工夫を欠いたことが、最終盤での破綻(はたん)につながった」←ですよねー。『海賊版対策 拙速反省し検討深めよ』
以上

記事本文: (社説)海賊版対策 拙速反省し検討深めよ:朝日新聞デジタル

関連記事

31コメント 3 時間前   - note.mu