TOP > 社会 > (フロントランナー)一般社団法人「Colabo」代表・仁藤夢乃さん 現代をさまよう少女たちと:朝日新聞デジタル

(フロントランナー)一般社団法人「Colabo」代表・仁藤夢乃さん 現代をさまよう少女たちと:朝日新聞デジタル

 夜の帳(とばり)が下り、色とりどりのネオンがまぶしい東京・新宿の歌舞伎町。新宿区役所前にド派手なピンクのマイクロバスを止め、その横で、10代の女子限定の無料カフェを開いている。 ピンクのテントの中で…...

ツイッターのコメント(10)

仁藤さんの取り組みと願いとは?✋

虐待や貧困、いじめ等の問題を抱え夜の街をさまよう10代女性を支援する無料カフェ「Tsubomi Cafe」を運営する仁藤夢乃さん(本学社会学科卒、一般社団法人「Colabo」代表)。

卒業生の活躍をぜひご覧ください。


@colabo_yumeno
ところで先週の朝日でもそうなのですが、仁藤氏は協働する新宿区等の"公"(おおやけ)の支援体制に不満を述べており、「専用バスと1千万円の補助を得たとしても受けない方がよかった(要約)」とまで怒りをあらわにしてました。
一人でも多くの女の子に、幸せが届きますように。
心から。

(フロントランナー)一般社団法人「Colabo」代表・仁藤夢乃さん
ピンクバスを抱えて外神田に構ってられない風なのは失笑モンだけど、美味しいおでん屋を目指すなら文句はネェさ|(フロントランナー)一般社団法人「Colabo」代表・仁藤夢乃さん
この人の活動にも頭がさがる。困っている人に対し、なにも聞かずにただ受け入れることを続ける。
"(フロントランナー)一般社団法人「Colabo」代表・仁藤夢乃さん "
困難を抱える少女たちに寄り添う仁藤夢乃さんのことを書きました→(フロントランナー)一般社団法人「Colabo」代表・仁藤夢乃さん
「女の子たちに何かをしてあげたいとも、こうなった方がいいとも思わない。ただ、選択肢を増やせれば、と思っている」。一人ひとりの希望を聞き、どうすればいいかを一緒に考える。でも、選ぶのは少女たち自身だ。

朝日新聞デジタル
今朝の仁藤夢乃さん @colabo_yumeno の大きな記事。まだお会いしたことのない方ですが,子ども達のために本当に素敵な活動をされているなあといつも感動します。Colabo代表・仁藤夢乃さん 現代をさまよう少女たちと:朝日新聞
アイデアもだし、見せ方もだけど、当事者の視点で、社会をきっちり見る視点で、地に足をつけた活動をしている、いつも、心打たれています。一般社団法人「Colabo」代表・仁藤夢乃さん 現代をさまよう少女たちと:
あとで読む。
大雪と仕事でてんてこ舞いじゃ☃️☃️☃️☃️☃️

(フロントランナー)一般社団法人「Colabo」代表・仁藤夢乃さん
以上
 

いま話題のニュース

PR