TOP > 社会 > (時時刻刻)原発輸出、固執した政権 日立も凍結、計画総崩れ:朝日新聞デジタル

(時時刻刻)原発輸出、固執した政権 日立も凍結、計画総崩れ:朝日新聞デジタル

 日立製作所が、英国での原発建設計画の凍結を正式に決め、日本が官民で手がける原発輸出計画はすべて頓挫した。東京電力福島第一原発事故後も成長戦略に原発輸出を掲げ、官邸主導で民間を後押ししてきた安倍政権の…...

ツイッターのコメント(21)

〝<視点>世界の潮流、読み誤った末
政権は世界の潮流を読み誤った。テロ対策に加え、福島第一原発事故を機に原発の安全対策費が膨張したにもかかわらず、原発が一時的に復権した2000年代の感覚を引きずり、もうかりにくくなった商売に民間企業を巻き込むことに躍起に‥
大失政

"官邸主導で民間を後押ししてきた安倍政権の責任が問われる"
"政権は世界の潮流を読み誤った"
"もうかりにくくなった商売に民間企業を巻き込むことに躍起になった"

原発輸出、固執した政権 日立も凍結、計画総崩れ:朝日新聞
政権はもうかりにくくなった商売に民間企業を巻き込むことに躍起になった。太陽光パネルでかつて世界をリードした日本メーカーは海外メーカーに太刀打ちできなくなった。失われた時代
ひとの住めない国土を作り出したと云う自覚が無く、無責任かつ無能な日本政府と日本企業から、ハイリスクで高度な安全管理能力と情報管理能力が必要とされる原発システムを受注しようと思う国がある訳が無い。頭おかしい。/原発輸出、固執した政権 日立も凍結、計画総崩れ:
これ、いい記事だなぁ。「わるいやつら」がいっぱい出てくる。
産業政策とエネルギー政策の関係を改めて考えたいなと。
「売り値を1円にしても買い手がつかない」「損してまで受けられない」欧米に続き、日本でも原発は斜陽産業に→
経産省内閣の面目躍如/こいつら通産省の頃から産業政策と称して民間セクタに妖怪もとい容喙を繰り返してきてその結果どうだったろう。Σとかさ/ともあれ経産省は解体すべきである / “ 日立も凍結、計画…”
絶対、経産省、糾弾されるべきだ。

 日立も凍結、計画総崩れ
時代を読めない(読もうとしない)アベ官邸の悪辣な原発輸出、頓挫。ここにも政権崩壊の兆し‼️

 日立も凍結、計画総崩れ
「日立社内でも、英国の計画が「株価の重しになっている」(財務系幹部)との認識が拡大。社外出身者が多数派の取締役会でも慎重論が強まり、凍結との結論に至った」 ガバナンスが生きている
死屍累々。日本は原発=大艦巨砲に頼って経済的玉砕に向かっている。「再稼働をどんどん進めるべき」は「本土決戦」思想だ。原発を諦めるには、御前会議・玉音放送が必要になるかも>
「原子力ルネサンス」「原子力立国計画」「日の丸原発」……
これを「裸の王様」と呼ぶのではないでしょうか。

"日本が官民で手掛がける原発輸出計画はすべて頓挫したが、政府は「日本の原子力技術に対する期待の声は各国から寄せられている」(菅氏)として、政策の失敗とは認めない。"
和泉洋人首相補佐官/インフラ輸出担当
今井尚哉首相秘書官/三菱重工トルコ輸出に積極関与
元首相秘書官の柳瀬唯夫氏/06年、経産省は「原子力立国計画」とりまとめ
和泉洋人、今井尚哉、柳瀬唯夫。
ぜーーーんぶモリカケの登場人物じゃん。
「日本の官僚は優秀」「アベノミクス」「ベースロード電源」とか言ってましたね。
頭にウジ虫詰まってたんでしょうか。
原発輸出に政府は積極的でしたが、国民の多くは原発に「否」をか掲げています。安倍さん、そろそろ国民の方をちゃんと見てくださいな。
安倍政権が原発推進に固執する間、欧州などではコストが下がった再生可能エネルギーの導入が急速に進んだ。太陽光パネルでかつて世界をリードした日本メーカーは、海外メーカーに太刀打ちできなくなった。日本のエネルギー産業にとって、この十数年は「失われた時代」になった
「政権は世界の潮流を読み誤り、もうかりにくい原発商売に民間を巻き込もうとした。その間、欧州などでは再生可能エネの導入が急進し、太陽光パネルでかつて世界をリードした日本勢は対抗できなくなった。この十数年は日本のエネルギー産業にとって『失われた時代』になった」
もちろん官邸のヘマは、とてつもなく大きいが、朝日のはしゃぎっぷりも度が過ぎる…。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR