TOP > 社会 > 安倍首相の施政方針演説(全文):朝日新聞デジタル

安倍首相の施政方針演説(全文):朝日新聞デジタル

14コメント 登録日時:2018-01-23 12:30 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 【1】はじめに 150年前、明治という時代が始まったその瞬間を、山川健次郎は、政府軍と戦う白虎(びゃっこ)隊の一員として、迎えました。 しかし、明治政府は、国の未来のために、彼の能力を活(い)かし、…...

ツイッターのコメント(14)

安倍晋三「身分、生まれ、貧富の差にかかわらず、チャンスが与えられる。明治という新しい時代」

嘘こけ。秩父困民党の武装蜂起を知らんとは言わせん
”100万者のIT導入” 者は社の誤変換? (演説内容に)色々危ういものが紛れてる気がする。
すげぇな。反乱、反抗が腐るほどあった明治をそうとらえるか?(苦笑)。。
安倍首相の施政方針演説「(明治という時代について)身分、生まれ、貧富の差にかかわらず、チャンスが与えられる」

一体何を言っておるのだ、こやつは?

水平社結成 大正11年
普通選挙法 大正14年
女性参政権 戦後
明治時代を「身分、生まれ、貧富の差にかかわらず、チャンスが与えられ」たとしており、限りなく事実誤認に近い。未だに生まれと貧富の差で格差が再生産され続けているというのに…。 / 安倍首相の施政方針演説(全文):
山川健次郎は「お前の留学費用打ち切るから帰国しろ」って政府に言われて、学友の篤志家婦人に金都合して貰ったんですけど
「女性も男性も、お年寄りも若者も、障害や難病のある方も、(金さえ持っていれば)全ての日本人がその可能性を存分に開花できる」 一部補足。
明治の昔から「馬鹿は救いようがない」と言っているとかいないとか。
この導入、長州を選挙基盤に持つ人間が言ったという視点で観ると、凄く上から目線だよなぁ…。
突っ込むポイントが多すぎてTwitterには向かない珍文をよくもまあ国会で垂れ流せるもんだ。とりあえず明治はそんな時代じゃない
「PFI法を改正し、運営の自由度を更に高めることで、民間のノウハウや資金を活用した、公共インフラの充実、サービスの向上につなげます」
水道法も改正し、民間に水道事業を担わせるつもりなんだろう。怖いな。
佐賀の乱、萩の乱、西南戦争、加波山事件、大逆事件等等々…下々のチャンスをオカミが実力行使で叩き潰しまくった時代の間違いやろ(嘲)
まぁ、改革するからなんだろうけど、民主的にことを進めようって場で、断行って言っちゃうとこが、どういう神経持ってんだろって思う。
そして、子育て安心プランって、どっかの保険会社の商品みたいだよなぁ。
あと思うのは、現代日本って、明治期以降の「日本型近代家族」モデルに根差した問題が顕在化しているかなと思うのだけど、安倍首相は明治に倣えとか言うでしょ。おかしいよね。
以上

記事本文: 安倍首相の施政方針演説(全文):朝日新聞デジタル