TOP > 社会 > おもちゃもジェンダーフリー 男の子にも人形・女の子にもプラモ 多様性、親世代が意識:朝日新聞デジタル

おもちゃもジェンダーフリー 男の子にも人形・女の子にもプラモ 多様性、親世代が意識:朝日新聞デジタル

 「男の子向け」「女の子向け」と商品の分類がはっきりしているおもちゃ業界。ところが最近、その垣根が低くなりつつあるようだ。性別を意識せずに多様性を認めようという風潮がおもちゃを買う親世代に広がり、各メ…...

ツイッターのコメント(18)

続き読みたいけど有料だった。
歓迎したい動き!
女の子向けの洋服には"lovely", 男の子向けには"explore"と書いてあるといった表現の問題にも目を向けてほしい。
[ 多様性、親世代が意識]
「男性の育児参加が増えて、赤ちゃんを抱く男性を見る機会も増えた。子どもはそれを普通に受け止めているのでは」

 多様性、親世代が意識|朝日新聞デジタル
多様性、親世代が意識:

好きなもので遊べば良いけど。「らしさ」は誰かから教えてもらうものなのか、自然とわいて出るものなのか。○○力高いとか低いとか可笑しく思える。
良い傾向だと思う。うちも、男だから車!電車!レゴ!と決めつけすぎず(結果的に興味持つ分にはいいけど)色々見せるようにしたい。 -
>お世話人形「メルちゃん」を手がけるパイロットインキは昨年7月、男の子の人形「メルちゃんのおともだち あおくん」を発売した
---
え?男の子でもおままごと好きだよ~これすらもジェンダーフリーと言うんだ/遊ぶ
僕も着せ替え人形とかさせてもらえてた。
安倍首相が大嫌いな言葉のひとつ、ジェンダーフリーを使っている記事。嬉しい|
こういうのが特別なことじゃなくなると良いね。。。
こうやって育った子どもたちが大きくなる20年後の社会が楽しみだな~と個人的に期待はしているのだが…(^^)
女の子向けにピンクのプラレールを発売するとかはジェンダーフリーと真逆の発想な気がするんだけど
そもそも「男の子向け」「女の子向け」という概念は大人があとづけしたもの。赤ちゃんの人形をお世話する男の子もいれば、怪獣図鑑を見る女の子もいますよ。

 多様性、親世代が意識
大人の意識の変化はあるかもしれないけれど、昔からままごと好きな男の子も乗り物好きな女の子もいましたよ。↓
そういや家にも息子用のおままごとセットがある。気にしたこともなかった……と、いうか保育園で遊んでるのを見て買ったらそうなった。電車や恐竜もいっぱいあるけど。
出版・書店はどうだろうか。
人形で遊ぶ子の15%が男児と判明…「男性の育児参加が増えて、赤ちゃんを抱く男性を見る機会も増えた。子どもはそれを普通に受け止めているのでは」と担当者。
以上
 

いま話題のニュース

PR