TOP > 社会 > 「移民いないふり」の限界 外国人労働者100万人 「受け入れは不可避」:朝日新聞デジタル

「移民いないふり」の限界 外国人労働者100万人 「受け入れは不可避」:朝日新聞デジタル

 「移民を受け入れるべきか」「上司が外国人になったら?」――。そんな見出しを最近よく目にするようになった。少子高齢化に伴う人手不足解消の「切り札」として語られるが、日本で働く外国人労働者は100万人超…...

ツイッターのコメント(20)

【昨年の今日】「“移民いないふり”の限界  “受け入れは不可避”」
「生活していれば、外から来ようが、ルーツが日本でなかろうが同じ。だがそういう意識はまだ日本では希薄。そこを変えていかないといけない」
それキーワードじゃないだろ…
えっ、そうなの? いつの間に?
いわゆる出稼ぎの外国人労働者と、定住を前提とした移民は別物すけどね。
仕事の取り合いはリアルな課題になりそう。>「日本社会は、日本国籍を持つ人のためにあるという意識が根強い。どんなに長く生活しようが、日本人以外は社会の一員として認められない」 /
新しい上司はフランス人
という歌が昔ありましてね…
「移民いないふり」社会ということばを流行らせよう。「見ない」社会で、見るようにするというのは非常に困難です。「見てない」人に見てもらうというのは、難題。

 「受け入れは不可避」
@sisimarusan あ、こちらの記事やそれに関わるツイートを受けてです。念のため。
移民と労働者って違うと思うけど
「日本に軍隊はいないんやで。自衛隊が軍隊じゃないように、実習生は移民じゃないんやで」

うーん、この
って何? なに? なんのために?
相変わらず馬鹿な扇動をww制限つけても百万もいるんだ。制限緩和したら、どれだけ増えるんだよ➡︎
「受入れ不可避」ではないが「いないふり」はその通り。技能実習生や留学生を奴隷としてこき使い、移民として国民と同等の権利を与えない、汚いやり方はもう限界だ★ 外国人労働者100万人「受け入れは不可避」:朝日新聞
いないふりって、ひどすぎる。
国籍や出身に関係なく暮らしやすい社会に。
。実習生の家族同伴=生活者としての受け入れをどうするかが、最大の論点だと思う。日系ブラジル人のように受け入れるかどうかです
まあ今更やけども。
「受け入れは不可避」

「生活していれば、外から来ようが、ルーツが日本でなかろうが同じ。だがそういう意識はまだ日本では希薄。そこを変えていかないといけない」
日本破滅計画。
読んでる。企業研修生や留学と言う口実で既に大量の外国人労働者がいると言う指摘。:
この記事では都市部コンビニについて言及されているけど、都内だけでなく北関東地方の都市部も状況は同じ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR