ドイツ、戦車レオパルト2提供へ 慎重姿勢から一転 米も戦車提供か [ウクライナ情勢]:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(23)

ドイツ、戦車レオパルトを1個中隊相当の規模(14両)、ウクライナに提供。たった14両。ドイツ政府も国民も戦争に巻き込まれたくない。それがウクライナ支援、連隊だ。ロシアを食い止めたいけどウクライナやってくれ。でもよ戦車を提供して戦争に参加していないと言えるの?
“ 独誌シュピーゲル(電子版)によると、ドイツ連邦軍が保有する車両を供給し、中長期的には防衛産業が保有する車両も対象にするという。具体的な提供数や時期はわかっていない。”
パンツァレオパッツヴォイ ウクライナへ
遂に本格的にネオナチズム独裁国家の支援に乗り出した独。大戦後の「反省」は所詮ポーズでしかなかったことが残念ながら明らかになった。
HIGH-MACSないなら10式でいいんじゃない?
外人部隊作ってさ
(有料会員限定記事です
こっちはレオパルト2なんだ
日本ももっと積極的な支援をはよ
ドイツの判断に賛同。もし「第3次世界大戦」に至るとしてもプーチンの暴挙を止めるのが先だろう。それが国際的良識の筈。日本はどうするんだ?
ようやく決断しましたね。
レオ2とエイブラムスの投入で戦況は大きく変わるかもしれませんね。
ガスタービンエンジンを使っているエイブラムスは恐ろしく燃費が悪いというのは有名な話(ディーゼルの約半分ほど)。アメリカやリッチな産油国以外に運用できるのだろうかという疑問もあるが果たして?
今後数十年に渡る社会問題の原因が今作られているのを実感する。
とは言え今ウクライナを支援しないわけにいかないから選択の余地はないんだけどね。
ドイツとアメリカが主力戦車を投入するとなると、ウクライナの戦況面には重大な影響を及ぼしそうです。エスカレーションも心配されます。続報でもしっかり読み解いていきます
ドイツ政府にプレッシャー。ターニングポイントにならなければいいが。
慎重姿勢から一転、再輸出も容認
何個大隊編成するつもりなのか

"同紙は、米国がエイブラムス提供を表明すれば、ドイツは数を減らした上でレオパルト2の提供に同意し、ポーランドなどの再輸出も認めるだろうと報じた。"
ドイツのショルツ首相がドイツ製の主力戦車「レオパルト2」をウクライナに提供する方針を固めたと、ドイツメディアが24日、相次いで報じた。
第二次大戦のことを考えると今回ドイツ政府もドイツ国民も相当葛藤したと思う 将来日本も同じ状況に直面するのか
《独誌シュピーゲル(電子版)によると、ドイツ連邦軍が保有する車両を供給し、中長期的には防衛産業が保有する車両も対象にするという。具体的な提供数や時期はわかっていない》
ドイツのショルツ首相がドイツ製の主力戦車「レオパルト2」をウクライナに提供する方針を固めたと、ドイツメディアが24日、相次いで報じた。他国が保有するレオパルト2についても、再輸出を認める方針だという。
ドイツのショルツ首相が主力戦車「レオパルト2」をウクライナに提供する方針を固めたと、独メディアが24日、相次いで報じました。他国が保有するレオパルト2についても、再輸出を認める方針です。
ドイツ、戦車レオパルト2提供へ
以上
 
PR
PR