パンツ一丁で「超関数」論文 巨人・佐藤幹夫さんが見た数学の奥深さ:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(20)

拝読/

 巨人・佐藤幹夫さんが見た数学の奥深さ:朝日新聞
<連日のように黒板に式を書き、議論した。昼過ぎから午後8時ごろまで立ちながらのぶっ通し。食事に行くと、はし袋の裏で計算した>
世界三大「サトウの」。サトウの切り餅、サトウのごはん、そして↓ですね

「英語で「サトウのハイパーファンクション」と呼ばれ、世界に認められることになる」
佐藤超関数の論文で射止めたのは東大の助手のポストとは。なんだか、功績に見合ってないよな。

 巨人・佐藤幹夫さんが見た数学の奥深さ:朝日新聞
面白い記事!私は石倉記者のこんな説明におおっと。わかりやすい説明だなあ。

〈佐藤さんは、解析を代数のように等式でスマートに考えられることを見いだした。解析の微積分をかけ算や割り算のように自由に扱えるようになり、複雑な微分方程式を解く手法となった〉

#
記事後半では、弟子が語る研究室での思い出や、語り継がれる佐藤さんの言葉を紹介しています。
「休憩でコーヒーをいれようとすると、左右両方についているカップの持ち手の片方が割れてしまった。佐藤さんは『数学的に対称性が悪いですね』と言って、もう片方の持ち手を割ろうとした」
「研究室で、佐藤さんらと議論している時だった。休憩でコーヒーをいれようとすると、左右両方についているカップの持ち手の片方が割れてしまった。佐藤さんは「数学的に対称性が悪いですね」と言って、もう片方の持ち手を割ろうとした」すさまじい評伝ですが、面白いです。
>

こういうタイトルにするしか一般人に興味を持ってもらえないのなら、興味なんて持ってもらわなくてけっこう、ってなるな。
おお……「研究室で、佐藤さんらと議論している時だった。休憩でコーヒーをいれようとすると、左右両方についているカップの持ち手の片方が割れてしまった。佐藤さんは「数学的に対称性が悪いですね」と言って、もう片方の持ち手を割ろうとした」
ご紹介/ 朝日新聞
粗末な宿舎で、パンツ一丁で計算し、書き上げた論文が、かつて師事した彌永昌吉・東大教授に認められた。助手に採用されたが、高校教師より給料は減った。それでも数学で生きていくと決めた
パンチラインがすごい。

 佐藤幹夫さんが見た数学の奥深さ
この分野、全くわからないのですが、引き込まれて一気に読みました。「サトウのハイパーファンクション」。カッコいい。数学専門の石倉徹也記者による記事です。
昼過ぎから午後8時ごろまで立ちながらのぶっ通し。食事に行くと、はし袋の裏で計算―。

記事には数学者の超人的エピソードが次々。

末尾の言葉「朝起きた時にきょうも一日数学をやるぞと思っているようでは、とてもものにならない…」。この続きがすごい。
巨人・佐藤幹夫さん:朝日新聞デジタル
「きょうも数学をやるぞ」は甘い、という名言で有名な佐藤幹夫さん。29歳の夏、家族を養うため高校教師をしながら書いた論文で、数学界にデビューします。それが世界で注目を浴びる「佐藤超関数」でした
はあああ、凄い…
前・科学医療部数学担当記者で、現長崎総局キャップの石倉徹也記者が、「数学の巨人」の足跡を追いました。

 パンツ一丁で「#超関数」論文
以上
 
PR
PR