残虐でない死刑とは 140年続く絞首刑、海外では銃殺・斬首・注射:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(13)

#

死刑囚には、自分がしてきた罪を全て偽ることなく被害者の家族、知人、友人に伝え、その上で「死刑は残虐で野蛮です。あなた方が納めた税金から慰謝料ももらい死刑もやめさせたいので賛成してください」と彼ら全員から同意を得てもらうようにしてください。
先進国と言われる国々では「死刑」制度が減っている。「国家が個人を殺す権利はあるか」といった古典的な問いもある。今回は絞首刑の残虐性が中心だが、「死刑に変えて終身刑」という議論を期待したい。「自分の家族が殺されたらどう思う」といった感情への配慮も含めて。
「日本では江戸時代、はりつけや火あぶりなどで死刑が執行されていた。明治時代に入ると、絞首と斬首に。1873(明治6)年の太政官布告で絞首刑の方法が図解とともに示された後、1882(明治15)年に絞首刑だけとなり、以後140年間変わっていない。」
140年続く絞首刑、海外では銃殺・斬首・注射:

こう言う議論は本当にくだらないと思う、被害者はもっと酷い殺され方をしたのに…では?何故加害者の人権ばかり訴える、人は死んだら物で人権が無くなるって事? #死刑 #死刑制度存続を希望します
死刑廃止! 一一 140年続く絞首刑、海外では銃殺・斬首・注射
一応、昭和23年の大法廷判決に言及して欲しい。
140年続く絞首刑、海外では銃殺・斬首・注射 残酷?
残酷に殺人をしたから残酷に殺されるだけじゃないの?
偽善もいいとこ。
個人的には斬首にしたらよい。
残虐でない死刑とは?140年続く絞首刑、海外では銃殺、斬首、注射:朝デジ
『国民は実態を知らされていない』(原告)
「『どの執行方法が受刑者に対して残虐といえるか、社会的なコンセンサスがいまだ取れていない』…一方、執行を担う刑務官らにとっては『方法が何であれ、
殺人は残虐ではないのか 収容能力の限界を超える勢いで犯罪行為が行われている中で被害者側の無念さを無視するような言動の弁護士に不信感すら覚える
憲法は「残虐な刑罰」を禁止しています。日本の死刑は絞首刑。これって残虐?
この記事には答えは出ていませんが(当然、結論は簡単には出ない)、死刑の歴史や各国の情勢、刑を受けた遺体を目撃した人の証言、専門家の知見など、議論の前提となる各種データが揃っています。
残虐でない死刑とは?140年続く絞首刑、海外では銃殺、斬首、注射:朝日新聞デジタル
「肌には縄の跡がくっきりと付いていて…」
絞首刑の執行を受けた遺体を目の当たりにした人らは、絞首刑をどのように受け止めているのか。話を聞きました。
致死薬の注射って楽に死ねるのかね

残虐でない死刑とは?140年続く絞首刑、海外では銃殺、斬首、注射:朝日新聞デジタル
残虐でない死刑とは?140年続く絞首刑、海外では銃殺、斬首、注射
以上
 
PR
PR