セルビア代表監督、ピクシーの右腕は日本人 祖父へのウソからW杯へ - サッカーワールドカップ(W杯):朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(15)

「俺はピクシーの右腕だ」

次の日本代表監督は
この人じゃないか…。
こういう方がいるのか〜
ストイコビッチに誘われてセルビア代表のコーチに。
家は歌舞伎役者の名家。都内高校の体育教師から英語を猛勉強して東京大大学院、Jリーグのコーチへ。
グランパスにいた喜熨斗さん、セルビア代表のコーチを務めているとは! 喜熨斗さんの祖父が2代目小太夫でお父上は歌舞伎研究家の勝さん。小太夫の長兄が初代猿翁、その曾孫が現猿之助さん。 祖父へのウソからW杯へ
くそ、読みたいが有料や!(T_T)
ブラジル戦は残念な結果でしたが次に期待
名古屋グランパスの英雄
有料記事なので最後まで読んでないが、歌舞伎の家からサッカー指導者というのは確かに異色の経歴だな。まあそりゃ歌舞伎なんてやりたくないって後継ぎを拒否する人も居るだろうけど。
喜熨斗さん?!!?!!!?知らなかった…知れて良かったァ
この方に おもだかや! と声をかけたい
ブラジルーセルビア。

セルビア監督は名古屋グランパスで活躍したストイコビッチ(ピクシー)なので、セルビアを応援する日本人は多いでしょうね。
喜熨斗さんって 丈の親戚? と思ったらガチだった。
日本の歴史的勝利から1日。
今日はもう1人の日本人が王国ブラジルとのW杯初戦を迎えます。
セルビア代表の喜熨斗勝史コーチ。
名古屋時代から信頼関係を築くストイコビッチ監督の下で指導してきました。
歌舞伎の名家に生まれてW杯にたどり着くまで。その人生は波瀾万丈です。
祖父へのウソからW杯へ
以上
 
PR
PR