学校敷地から化学物質PFOS 沖縄米軍基地に隣接 米基準の29倍 [沖縄・本土復帰50年]:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(10)

《沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)に隣接する小学校敷地内の土壌から、発がん性が疑われる有機フッ素化合物PFOS(ピーフォス)が高い値で検出された》
対策が先行する米国内の「汚染リスクが潜む可能性」とされる値の約29倍で、専門家は「自然界ではありえない値。米軍由来の汚染の可能性は高く、詳細な調査が必要」と指摘
普天間第2小の敷地から、最高で米国基準の約29倍にあたるPFOS。専門家は「土壌表層でこれだけ高い数値が出ている。土壌深部や地下水が汚染されている可能性は高く調査が必要」と。でも市は独自の調査には否定的。なぜ?
日本にはおかしな事がいくらでもある。

・本土復帰50年
政府と米軍は何するのかな?: ・本土復帰50年
沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)に隣接する小学校敷地内の土壌から、発がん性が疑われる有機フッ素化合物PFOS(ピーフォス)が高い値で検出された

この問題、きちんと向き合わなければならない。
市教委は児童が立ち入らないようコーンを設置し、砂ぼこりが舞わないようスプリンクラーを利用。うがいや手洗いを徹底する一方、独自調査は否定し「国内で規制の基準がなく、どういう対応が効果的なのか判断が難しい」。小学校敷地からPFOS
専門家「自然界ではありえない値。米軍由来の汚染の可能性は高く、詳細な調査が必要」

米国の基準値の29倍!結果が確定次第、米軍に責任を取らせよ。

・本土復帰50年
専門家は「自然界ではありえない値。米軍由来の汚染の可能性は高く、詳細な調査が必要」と指摘しています。

・本土復帰50年
以上
 
PR
PR