羽生結弦がくれたきっかけ 券も持たず日中のファンが声をそろえた日:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(23)

# 私自身も羽生選手のおかげでどれだけ中国の人との会話が和らぎ、弾んだか分かりません。国を超える個人の力を教えてくれるお話です。
北京五輪の ❄️
会場の首都体育館周辺で、驚くほど多くのファンが「」と書かれたバナーを手に立っているのを実際に目にしました。

一人ひとりに、羽生さんへの思いがあったに違いありません。その中にいた、ある日本人女性の物語です。
(岳)
坂尻信義さんの 朝日新聞デジタル

【視点】中国で日本語を教える岡本直恵さんが蘇州で暮らし始めたのは、2014年の春。その1年半ほど前、中国では100都市以上で激し... #
いい記事でした。
「だいたいOK」😊
これすごく好き。
■開幕の直前、試合会場の体育館近くを歩いていると、同じように体育館の方を見ながら歩く中国人の姿をみかけた。

 「ニーハオ。ユヅのファン?」

声をかけると、のファンというだけで仲良くなれた。あっという間に友人の輪が広がった。
さま🫶ステキな架け橋💛
胸にグッときた
声をかけると、羽生選手のファンというだけで仲良くなれた。ファン同士が声をかけあって、あっという間に友人の輪が広がったーー

 がくれたきっかけ
有料記事を期間限定でプレゼントして下さり感謝しています。
岡本さんの「好きなことを追いかけたい」と思った。身軽になろう。
という言葉刺さる🥲
今の自分が一番向き合うべきこと上から見させられた気分

「この先、元気に滑っている姿をみせてくれるだけでいい」本当にその通りだと思う。
それ以外に望むことなどないわ
あたたかい記事でした。
中国の方達が羽生さんの事をどれだけ好きな事、そし温かさが伝わる記事です☺️
時に海外ファンと考え方が違っても根本の所にある羽生さんを大好きは同じなんだと改めて思いました😌
🎁記事


「ニーハオ。ユヅのファン?」
 そう声をかけると、羽生選手のファンというだけで仲良くなれた。

ジャンプが1回転になった。それでも「だいたいOK!」と中国人のファンは前向きだ。結果やミスを指摘する人は誰もいなかった。

😭
券も持たず日中のファンが声をそろえた日:

新型コロナウイルス対策のため、チケットは一般販売されていなかった。それでも近くで応援しようと、会場前に中国のファン数百人が詰めかけていた。

 「ユヅ、頑張れ あなたは私のひかり!」
素晴らしい記事です。
羽生くんの陰で、優しい羽生ファン同士を出逢えて、幸せです。
坂尻信義編集委員がコメントしました。

【視点】中国で日本語を教える岡本直恵さんが蘇州で暮らし始めたのは、2014年の春。その1年半ほど前、中国では100都市以上で...
《国交正常化から50周年を迎えた今年、日中両国には再びすきま風が吹いている。だけど人と人ならば、言葉を通じてわかり合えると、羽生選手は示してくれた。今はもう少し、北京で中国の生徒たちに日本語を教える仕事を続けてみようと思っている》
「羽生選手を北京で迎えること。それが岡本さんの7年にわたる目標だった・・・」
北京五輪で さんを見るために、中国の学校に就職した女性。コロナの影響で会場に入れなかったものの、すばらしい出会いがありました。
国を超えてつながる輪。素敵なストーリーです。
がくれたきっかけ 券も持たず日中のファンが声をそろえた日:🅰️朝日新聞デジタル
以上
 
PR
PR