「科学界のアカデミー賞」に筑波大の柳沢教授 睡眠の仕組み解明:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(14)

🥹
「柳沢さんは朝日新聞の取材に「若いころテキサス大で研究室を持つことができ、精神的に自由な状態で研究に専念できたことが成果につながった」と話している」
米テキサス大にいた1998年、目が覚めている状態を保つ脳内のたんぱく質「オレキシン」を発見。睡眠のメカニズムの一端を解明し、睡眠障害の治療に道を開いたことが評価された。米国の研究者と共同受賞し、賞金は4億3500万円。
米グーグルの創業者らが出資する財団主催の「ブレークスルー賞」が発表され、生命科学分野に筑波大の柳沢正史教授が選ばれた。

睡眠障害の治療に道を開いたことが評価された。
すばらしいことです👏👏👏
世の中が睡眠の重要性に目覚めていくことを願うばかり
 
#
「若いころテキサス大で研究室を持つことができ、精神的に自由な状態で研究に専念できたことが成果につながった」
余談ですが「科学界のアカデミー賞」ってすごい言葉ですね。
もともとアカデミーと言う言葉が学術の領域を示すことばだったものが映画等の賞に対象に拡大されて、一周回って科学に戻ってきたという事でしょうか。
# ポイントは精神的に自由になれる研究環境。
朝日新聞: 睡眠の仕組み解明:
科学界のアカデミー賞に柳沢教授:賞金は世界最高峰の4億3500万円。 オレキシンを発見、睡眠メカニズムの一端を解明し、睡眠障害の治療に道を開いたことが評価。「若いころテキサス大で研究室を持つことができ、精神的に自由な状態で研究に専念できたことが成果につながった」
「精神的に自由な状態で研究に専念できた」
今の日本では・・・
90年代の成果で「若いころテキサス大で研究室を持つことができ、精神的に自由な状態で研究に専念できたことが成果につながった」と言っているから、日本が褒められたわけではないです。
なぜかFacebookで私なんぞと友達になっていただいている柳沢教授。おめでとうございます。

"筑波大の柳沢正史教授(62)が選ばれた。"
以上
 
PR
PR