【平和宣言全文】「他人の不幸の上に自分の幸福を…」広島市長:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(17)

これは医療行政にこそ言ってやりたい
「若人の社会保険料の上に老人の幸福を築いてはならない」
コーラスでバスご担当と知り、一気に親近感が!

平和宣言のお話も、知事さんのもの同様、とても良かったです。
「人の幸福に不幸を持ち込んで、
自分だけは幸福になろうとしてる」
っていい加減吐いたらどう?
国民を義務教育という洗脳で、自分たちを正当化するのはさぞ楽しいだろうな。

家族や自分、友人にお金使いたいです。
詐欺師に渡す金は一銭も無い。
広島市長もロシアの名前を明確に出しながらも「日本政府には(中略)核兵器廃絶に向けた動きを後押しすることを強く求めます」と政府に求めている(当たり前)。玉城デニー沖縄県知事だけが中国に直接物を申さないといけないらしいな、ウヨ的には。
「他人の不幸の上に自分の幸福を築いてはならない」というトルストイの言葉を盛り込んだことに、広島市長の強いメッセージを感じる。

⬇️平和宣言全文はこちら。
【朝日】平和宣言全文「他人の不幸の上に自分の幸福を…」広島市長
〈武力によらずに平和を維持する理想を追求することを放棄し、現状やむなしとすることは、人類の存続を危うくすることにほかなりません。過ちをこれ以上繰り返してはなりません。〉
この男の核兵器に対する禁忌思想。ここまで自虐思想に洗脳された立派な見本。アメリカも中国もロシアも毎年これを見て国の弱体化には洗脳作戦は有効だと笑いあってるはず。
寄り添いたい。では自分に何ができるかを考えたら、まずは他人に優しく接するということだろうか。
また、他者を威嚇し、その存在をも否定するという行動をしてまで自分中心の考えを貫くことが許されてよいのでしょうか。
ウクライナの戦争、台湾情勢の下、例年になく力強く、印象的な平和宣言だった!
朝鮮戦争やベトナム戦争といった「他人の不幸」の上に平和という「自分の幸福」を築いてきたのが、戦後「平和国家」日本である。
「武力によらずに平和を維持する理想を追求することを放棄し、現状やむなしとすることは、人類の存続を危うくすることにほかなりません。」

平和への意志、声を上げていかないといけないと噛み締めました。
平和宣言より
〈ロシアによるウクライナ侵攻では、国民の生命と財産を守る為政者が国民を戦争の道具として使い、他国の罪のない市民の命や日常を奪っています。そして、世界中で、核兵器による抑止力なくして平和は維持できないという考えが勢いを増しています〉
「為政者に核のボタンを預けるということは、1945年8月6日の地獄絵図の再現を許すこと」
「他人の不幸の上に自分の幸福を築いてはならない」
被爆77年の原爆の日 。
広島市の松井一実市長が平和宣言で引用したトルストイの言葉はこう続きます。
「人の幸福の中にこそ、自分の幸福もあるのだ」
平和宣言、今のカルトに毒された自民党では、とてもとても怖くて任せられない。

【平和宣言全文】「一刻も早く核のボタンを無用のものに」広島市長
以上
 
PR
PR