岸田首相があいさつ、核禁条約に触れず 広島の平和記念式典:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(22)

核のない世界への「努力の基礎となるのは核兵器不拡散条約です」と言いながら、核保有国の優位を保証するこの差別的条約が、この条文があるから意味を持つ核軍縮の義務をうたった第6条にも触れないとは!… あいさつ全文:
「被爆地広島出身の総理大臣としての私の誓いです。」
え、岸田さんって広島出身でしたっけ?
それぞれの立場はありますので、言ってほしいことを言ってくれるとは限りません。
枕詞が広島出身だけど、「広島平和式典」でわざわざ核のない世界を「理想」と言う岸田。
市長、県知事と立場が違うとは言え内容が寂しい限り。こんなんで中途半端に広島出身って言わんといて欲しいわ。ほんとは東京出身でしょ。
これじゃG7も期待できんかな…
この場でも核兵器禁止条約には触れず。
<広島は6日、被爆77年の「原爆の日」を迎えた。広島市の平和記念公園で開かれた平和記念式典で、地元選出の岸田文雄首相が就任して初めてのあいさつ。>

 あいさつ全文|朝日新聞デジタル(2022年8月6日 15時17分)
岸田首相『核兵器使用の惨禍を繰り返してはならない』(朝日)。核兵器保有国でさえそんな事はわかっているだろう。世界のミリタリーバランスが変化するなか核のボタンが押される確率は高まっている。核攻撃を防ぐには核攻撃しか残されていないのが現実だ。日本国よ、覚醒せよ。
具体性無き絵空事を呟くのが、岸田総理の得意技。岸田氏は広島生まれでもなければ、広島育ちでもない。世襲政治家として広島が選挙区なだけだから、核兵器廃絶にどこまで本気か怪しいものだ。
「核兵器のない世界」という言葉が繰り返されていたのが印象的だったが、一昨年の安倍首相も同じ表現を用いている。変わらないといえば変わらない。→
朝日新聞さま、あなたが習近平に言ってこい🤯
「広島選出」の宰相がこのありさま。とはいえ、岸田首相は東京生まれの東京育ちなのだから、しょせんは他人事なのだろう。世襲政治家だらけの自民党に政権を任せていると、どんどん政治が劣化していくのではないか。この人物は、「ハト派」でも何でもないと思う。
あんなやつに期待するだけそもそも無駄。
岸田首相、あなたは本当に唯一の戦争被爆国の首相なのか?
核兵器禁止にもカルト禁止にも後ろ向きの岸田首相。まだ首相やる?
「核兵器のない世界と恒久平和の実現に向けて力を尽くすことを改めて誓う」けど、核禁止条約には触れないのね。
広島市議会議長も広島市長も広島県知事も国連事務総長も、スピーチをした人は全員核兵器禁止条約に触れたのに「唯一の戦争被爆国」の総理大臣だけが、ひとことも触れなかった。「被爆地出身」の自ら名乗りながら。
「核兵器のない世界と恒久平和の実現に向けて力を尽くすことを改めて誓う」と述べた。一方、核兵器禁止条約には触れなかった。
以上
 
PR
PR