アップルが抱えた矛盾… 公取委は勝負に出た 譲歩引き出した舞台裏:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(13)

大変詳しい貴重な記事。/
根比べ
■「調査開始から約4年たっても、正当性を主張するアップルと、問題性を指摘する公取委の議論は平行線をたどっていた」
Appleと日本の公取との5年にわたる攻防の舞台裏。公取が徐々に理屈で詰め、最後に「勝負」に出た様子がつづられています。巨大PFとの関係を考えるうえでも、たいへん興味深い内容です。
公正取引委員会かっこいい
朝日★
世界最大の企業 .inc と日本の公取委とのバトル内情。
読み応えがあり面白い。日本の公取委の粘り強い戦いの成果は、世界に及ぶ。
「アップルが投入した『専門チーム』と、行政処分を辞さない構えを見せた公取委の5年間にわたる水面下での攻防」
公益のため公取委は頑張ってるんだなあっていう。
巨大ITのアップルがいちアジアの競争当局と水面下で繰り広げた真剣勝負の裏側。独禁法への愛と知識がないと書けない。
独禁法に抵触するか否かは、両者が見解を戦わせれば落ち着くところに落ち着くもの。最も重要なことは、より多くの人に Apple のユーザー体験を提供し続けるブランドであること。 #
”東京・霞が関の日比谷公園前に立つ中央合同庁舎6号館B棟。ここに入る公取委を、遅くとも2016年秋ごろ以降、アップル関係者が定期的に訪れていた”
アップルの改善策で終了となったApp Storeの手数料問題。
今回、複数の関係者への取材で、公正取引委員会が排除措置命令を出す方針を固めて考えをアップルにも伝えていたことや、アップル側の調査対応体制の一端などが新たにわかりました。
長行記事で振り返りました。
手強い相手です。「メンバーのほとんどが米司法省など、日本の公取委にあたる競争当局から転じた専門家らで構成。世界各国で行われる同社への競争法違反調査や...」 /
以上
 
PR
PR