パートナーシップ制度11月から導入 東京都、10月11日受け付け [東京インサイド]:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(17)

今更やけど、東京都、ついに11月全面パートナーシップ導入!🏳️‍🌈法律上の「結婚」はまだやから、
・引っ越したら終わり
・事故とか有事(例:緊急搬送時の同意など)に使えるわけではない
けど、嬉しい!
「都によると、都内では15日現在、渋谷、世田谷、中野、豊島、江戸川、文京、港、足立、北、荒川の10区と、府中、小金井、国分寺、国立、多摩、武蔵野の6市が同様の制度を導入」

 東京都、10月11日受け付け|朝日新聞デジタル
制度ができても、パートナーがいないと申請できないなぁ😂
<手続きは原則オンラインで済む。戸籍抄本や住民票などを都に提出し、都が確認して受理証明書を発行する。証明書には希望に応じて、通称名や子の名前も記載でき(略)都営住宅に入居申し込みができるようになる>
東京都の場合、性的マイノリティーのカップルからの申し込み手続きは、原則オンラインで済む仕組み。証明書には、通称名や子の名前も記載できます。小林記者の記事
性的マイノリティーのカップルを公的に認める東京都の「パートナーシップ宣誓制度」が11月1日から導入される。

都内では現在、渋谷、世田谷、中野、豊島、江戸川、文京、港、足立、北、荒川の10区と、府中、小金井、国分寺、国立、多摩、武蔵野の6市が同様の制度を導入。
よかったよ~
〝制度の対象は双方、またはいずれかが性的マイノリティーで、互いを人生のパートナーとして尊重し、継続的に協力し合うことを約束した18歳以上の成人の2人〟
性的マイノリティじゃなくても
夫婦別姓を希望してる人達にも
パートナー権を認めて欲しいなぁ…

[東京インサイド]:朝日新聞デジタル
東京都、10月11日受け付け:朝日新聞 性的マイノリティーのカップルを公的に認める東京都の「パートナーシップ宣誓制度」が11月1日から導入される。都人権尊重条例の一部改正案が15日、都議会で可決され、10月11日から申請を受け付ける。
制度の対象は
・双方、またはいずれかが性的マイノリティー
・互いを人生のパートナーとして尊重し、継続的に協力し合うことを約束した18歳以上
・少なくともどちらかが都内に在住、在勤、在学
・国籍を問わない
はじめの一歩?
まだ足りないけど。

ソフトとハードは両輪
法制度か変わることで
考えを変えれるというタイプの人も
大いに居るはず
←「手続きは原則オンラインで済む。戸籍抄本や住民票などを都に提出し、都が確認して受理証明書を発行する。証明書には希望に応じて、通称名や子の名前も記載できる」
以上
 
PR
PR