沖縄返還ってなに?裏には数々の密約も いちからわかる復帰50年 [沖縄・本土復帰50年]:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(37)

沖縄返還ってなに?
Q&Aでコンパクトにまとめられている記事。

朝日新聞デジタル ・本土復帰50年
安倍晋三元総理の祖父・岸信介元総理の実弟、返還当時の佐藤栄作元総理は米政府と 今も ?

[沖縄・本土復帰50年]:朝日新聞
“佐藤首相は67年、被爆国としての世論を背景に「非核三原則」を表明”

“ニクソン大統領との間で「重大な緊急事態の際には、米国は再び沖縄に核兵器を持ち込む」という合意議事録をひそかに交わしました”
我が母は返還前の沖縄に子供の頃に行った。私は基地のある場所で仕事が何度もあった。住民でない以上、口は挟めないけど考えることは多い。アメリカの方には申し訳ないけど、基地の町は安心安全は保証されてない気がする。
今は自らネットで調べて勉強できる時代✍

本土に住む自分達はどんどんこの事すら知らない人も結構いるのかもね

今からでもOK学んで行きましょ💪
朝日らしい偏った記事ですね。
縄と麻の交換抜きで沖縄返還の話しますか?
いまこそ、改めて学ばねばなと思っています
沖縄県内でも「復帰」を知らない世代が多くなっています。一方で、今も「真の復帰とは何か」といった問いが続いています。

いちからわかる復帰50年:朝日新聞デジタル ・本土復帰50年
脂肪を入れずに事実を伝えなさい。
沖縄は戦後27年間、米軍の統治下に置かれました。日本国憲法が適用されず、立法・行政・司法といった施政権は米国が握っていました。
いちからわかる復帰50年。  ニクソン大統領との間で「重大な緊急事態の際には、米国は再び沖縄に核兵器を持ち込む」という合意議事録をひそかに交わしました。この「核密約」は94年以降、関係者らによって明らかになります。
自民党は、改善どころか改悪を進めている。本土で、自民党を支える限り、沖縄の苦痛は悪化するだけだ。

 いちからわかる復帰50年:朝日新聞デジタル ・本土復帰50年
 
PR
PR