「野党は政権交代より政策実現」国民民主・玉木氏が語る「野党像」 [国民]:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(53)

中学校の生徒会並か、それ以下の国民民主党玉木。
政策実現するには与党にならなければできないのは、自明の原理。
バカだね〜!玉木は。
負け惜しみというか、何も言えね!
少数与党やと何も実現できなそう。
国民民主が白旗あげた
野党の役割は「批判すること」だし、政権を取らなければ政策実現なんて夢のまた夢だと思うのだが。現にトリガー条項反故にされているし。>
このタイトルの一文だけで全否定出来るほど間抜けな主張。

この党首に賛同する正当に野党としての価値はない。グダグダ言わずに自民党に吸収してもらうのが政策実現の最適解だろ?

「野党は政権交代より政策実現」国民民主・玉木氏が語る「野党像」:
自分は万年野党と言われるのは嫌といいたいだけ?もう少し自分が何をしたい、何ができるかを見極めたら?
政権交代という迫力が、政策実現に繋がるとは思います。
政権交代を掲げない迫力なき野党の意向を、政府与党が汲み取る理屈はないからです。
「野党の立場と言いつつ与党と連携するのは、有権者も理解しにくいのでは」

それこそ、この記者の問題だ。反対することが目的の野党なんかいらんし、それを誘導するメディア側がこんな文言出す方がどうかしてる。
「私が自民に行くことはありません。」

政権交代も政策実現も両方大事ですね。岸田政権になって政府提出法案の国会修正可決を勝ち取ったのは日本維新の会。ガソリン補助金拡大も日本維新の会。力合わせて!
言うこと全てが「負け犬の遠吠え」にしか聞こえない。
コレはわかる。気持ちはわかる。去年までの維新がひたすら(個人芸で)やってたこと。
悪いけど、政権取らんと政策を与党が飲んで実行するとは思えん。
何言ってんだっけ?この人。
「野党は政権交代より政策実現」という玉木さんの考えはよく分かりましたが、それは一番大変な道から逃げているよね。
野党としての一線を守りしっかり政府与党に対峙しながら少しずつ政策を動かしてきた先人のことも馬鹿にしてるよね。
政権交代よりも政策実現?って事は政権取りに行く気がないってことか…こんなんだから自民党が好き放題やれるんだろうな
まぁ現実的な路線だよな。とはいえこれが行き過ぎると公明のようなコバンザメ政党に成り下がるワケだが。立憲共産党のような0-100では何も解決しない。結局議論というのは妥協が必要なんだし('A`)
ただの党利党略(しかも与党を利するだけ)なのに、偉そうに「野党像」など語るな。もう誰も野党だと思ってないし。
民社党のようになるのだろう
嘘・改竄が横行した安倍菅政権から岸田政権に代わってからの変化ですね。ただ、八方美人的姿勢だと有権者に響かなくなるかも🤔

〉有権者は「与党・野党」で政党を選ばなくなっていると思います。有権者は与党か野党かではなく「何をやろうとしているのか」に関心が向いている
それには先ず自公政権に替えられる「西側価値観共有」「NATO参加にも前向きなアジア太平洋インド洋集団安保にも参加意志共有」の健全なもう一つの【大きな政治の核】を創らなければ。
『賃金を上げるには利益を上げなきゃならない』と言う労働組合がある。それは君の仕事では無い。
野党はチェックが仕事、提案したいなら公明党と与党に行け。
自民党が鼻で笑ってる様子が目に浮かびますね。
政権交代しないでどうやって政策実現するの?😓
「野党は政権交代より政策実現」
国民民主・玉木氏が語る
「野党像」 朝日新聞デジタル

>有権者は与党か野党かではなく「何をやろうとしているのか」に関心が向いている


政権交代は政策実現の先にあるもので、優先順位が政権交代では国民を守れない、と受け取りました👍🏻
政策実現するために与党になろうと
自分たちの思う理想をぶつけ
問題指摘とか批判を政府に対してするのに
そういうのは野党じゃないです
それは政府アシスト
ただの翼賛です
国民民主党のスタンスがよく分かる良記事。
全ての政党が選挙で訴えるているのは公約であり政策。有権者はその内容を元に投票してるのです。
であれば与党だろうが野党がだろうが、公約・政策実現を第一に傾けるべき。
これをしない限り、日本の投票率もあがらないでしょう。
「与党寄り」という言葉を最初に持ってくるところが、さすがに立憲民主党支持の朝日新聞です。
「あんたら1円でもガソリン価格を下げるために何かやったのか」

法案を出し組み替え動議に対策費を計上し国会で議論してたのに国会の外で与党と協議

スタンドプレーで台無しにしたとも言えます

[国民]
「自民党が安心できるけど、自民党が強すぎるのは危険」ていう票を集めるということか。集票としては素晴らしい戦略。まったくポリシーを感じず、まったく支持できないが。
政党支持率1%なのでこう言うしかないのだろう。しかしこれまで何十年も自分で言ってきたことを全部否定しているところがイタイ。あまり高飛車に立憲民主党を批判しない方がいい。
ブレまくりの迷言にしか聞こえない
今国民を苦しめてんのが政治だよ

よく評価したとしても、骨を断たせて肉を切りたいって言ってる

国民民主はいらんな
”提案だけではだめでしょう。政策は実現させないと。…我々はガソリン価格を下げることはできた。「あんたら1円でもガソリン価格を下げるために何かやったのか」と言いたい”

自公も全野党もガソリン値下げを求め続けていけど、なぜ国民の手柄みたいになってるの?
55年体制が理想なのかな?
実質、参議院が機能していない為、野党の重要な役割は与党の暴走を止めなくてはいけない。しかし何処も出来ていない。玉木さんはむしろ是々非々と言いながら与党となんら変わりはない。

「野党は政権交代より政策実現」国民民主・玉木氏が語る「野党像」:
「野党が一緒になって選挙に勝てるのであればいいですが、勝てないのに一緒になっても有権者から選択肢を奪うだけでしょう。戦術的な連携は否定しないが、どれほどそんな選挙区があるのか疑問ですね」

玉木氏の考えが、記事の随所に滲み出ている。
こういうのを野党とは言わない。
与党の補完勢力
つまり、与党に提案して与党と協議してその結論を以て国会に臨むのかしら。
それ、与党じゃない?
むしろ閣僚ポジションない分、立場もないのでは??
うーむ、わからん。
早く政権交代してください。
--立ち位置は自民党の一派閥で十分。
〈――政策実現が最優先なら、与党入りをめざすと明言すればよいのでは

 現在の選挙制度上、どうしても選挙では自民と戦わざるを得ないところが出てきます。仮に与野党でわかれていたとしても、あくまで政策本位で、与野党を超えて協力を求めていく立場です〉
「原発ゼロ」では国を守れない。だってさ。
何言って、何考えてるんだ…
やはり野党であるならば虎視眈々と政権を奪うような気持ちがないといけないと思います。
また、政権を取った方が野党として与党にゴマを擦るよりできる政策が格段に増えます。
心から失望した。まあこういう人だとうすうす思ってはいたけど。自己正当化の、保身のための言い訳と、見当違いの立憲サゲ発言ばかり。

あと、

>野党第1党は色々なことを言うが、何も実現していない。

これ、ウソですよね。

もう、代表を降りた方がよろしい。
政権交代しなければ実現出来ない政策を持っているものでなければ「野党」の看板は詐欺でありさっさと与党に入るべきところそうしないのはそこでは自分がエラくなれないからだね
“有権者は「与党・野党」で政党を選ばなくなっていると思います。政治家やメディアが思考停止している可能性がある。有権者は与党か野党かではなく、「何をやろうとしているのか」に関心が向いている。先の衆院選で私がすごく感じた変化です。”

同感です
解決策を求める民意が野党にも向けられていると強く実感した

⇒それ、トリガー条項発動が実現してから言うべきなのでは。頓挫してんじゃん。
玉木雄一郎代表「政権交代の可能性が低いなかで、訴えるべきは『政策実現のリアル』。スピード感をもって、具体的な成果を示していかないと、既存の支援者さえつなぎとめることができなくなります。」
玉木雄一郎代表にインタビューしました。

トリガー条項のこと、参院選のこと、泉健太代表のこと、与党入りは?などなど。

聞きたいことをストレートに、そのままぶつけました。
面倒だから早く自民党入党してくれ。
以上
 
PR
PR