国民民主の前原氏、玉木代表路線に異論「与党化の動き広がらない」 [国民] [立憲] [維新]:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(38)

やっぱ前原さん信用できるな……(当たり前だが)
衆院採決「体調不良」欠席。本当のところは?

「なかなか難しい質問だ(笑)。予算案への賛成は、首相指名と同じ意味合いを持ち、政府のやっていることに全て賛成することになる。野党としてはあり得ない。…意見は通らなかったが、いまでも反対すべきだったと思っている」
「衆参両院で与党が多数を握っているのに、自民が我々の話を聞いてくれる目的は、参院選に向けた野党の分断だ。『トリガー条項発動』というニンジンで野党の足並みを乱す・・参院選は比例区だけではない。選挙区は他の野党とも協力しないといけない」

たまには良いことも言う
お前が言うな。政界引退、または自民党入りを希望します。
前原に期待してるバカに言っておくが、これ参院選で自党に近い野党統一候補を勝たせつつ、維新が比例票で立憲抜いて次の衆院選で野党第一党になれそうな状況が生まれたときにそっちへ動くための保険だから。玉木とは当然打合せ済み。
[国民民主] 玉木代表の政府予算案賛成路線に異論唱えた前原誠司選挙対策委員長に聞く:「自民党の目的は参院選に向け野党を分断 トリガー条項発動ニンジンぶら下げ、足並みを乱す 玉木代表は参院選比例対策と言うが、選挙区では他野党との協力不可欠」

珍しく?普通の事云うて
立憲民主党を閣外協力すると言ってた共産党が予算案に賛成したとしても無条件で賛成するとは言わんと思うのよね
首班指名選挙では枝野さんの名前書いたけど
もう維新に行けばええんやないかな
前原氏、見直した。
「予算案への賛成は、首相指名と同じ意味合いを持ち、政府のやっていることに全て賛成することになる。野党としてはあり得ない。私の意見は通らなかったが、いまでも反対すべきだったと思っている」
前原さんの主張には賛同しないけど、選挙区の議員だから、SNSにしても取材にしても党内じゃなくて外に発信することは間違ってないと思う。
個人的には党内でどう動いてるのか掴みきれない大塚さんの方がずっと怖い。
>予算案への賛成は首相指名と同じ意味合いを持ち、政府のやっていることに全て賛成することになる。野党としてはあり得ない。私の意見は通らなかったが、いまでも反対すべきだったと思っている

是々非々であるからこそ維新は反対した訳で、国民民主は是々非々ではないのです
迷走する玉木氏。選挙で結果を。



予算案への賛成は、首相指名と同じ意味合い持ち、政府のやっていることに賛成することに。野党としてはあり得ない。意見は通らなかったが、反対すべきだったと思っている
じゃあどうして国民民主にいらっしゃるの?
民進党崩壊の戦犯に言われたらもうダメだね。
国民民主の前原氏、玉木代表路線に異論


――参院選後に国民民主が自公両党と連立や閣外協力をする可能性がある。

前原「党内で一部考えている人がいるかもしれない。ただ、国民民主の命綱である連合の民間産別が望んでいないので、たぶんそうはならないと思う」
センスのなさで足を引っ張るの図。二元論で語る時点でお察し。
その通りでしょう。「特に維新と国民の分断離間→国民の吸収作戦」でしょう。
ずる休みだったのかな?税金でお給料貰って?

>衆院採決を「体調不良」で欠席しました。本当のところは。
 なかなか難しい質問だ(笑)。予算案への賛成は、首相指名と同じ意味合いを持ち、政府のやっていることに全て賛成することになる。野党としてはあり得ない。
「――衆院採決を「体調不良」で欠席しました。本当のところは。

 なかなか難しい質問だ(笑)。(後略)」

前原誠司議員のインタビュー記事。無料分だけでも笑えたので良し。
近頃は玉木下がり・前原上がり。「定見」ってモノが無いのか俺は?
>「予算案への賛成は、首相指名と同じ意味合いを持ち、政府のやっていることに全て賛成することになる。野党としてはあり得ない」

これも、一つの意見。
しかし、そうともかぎらない。

国民民主の前原氏、玉木代表路線に異論「与党化の動き広がらない」:朝日新聞デジタル
Q:衆院採決を「体調不良」で欠席しました。本当のところは。
A:なかなか難しい質問だ(笑)。野党としてはあり得ない。私の意見は通らなかったが、いまでも反対すべきだったと思っている。
前原氏に対しては野党支持者として思うことはあるけど、“前原民主”の失敗を経験している彼なりに、現在の(与党に埋没する)国民民主党は、忸怩たる想いなんだろうな。
国民民主の前原氏、玉木代表路線に異論…

“衆参両院で与党が多数を握っているのに、自民党が我々の話を聞いてくれる目的は何か。それは参院選に向けた野党の分断だ。「トリガー条項発動」というニンジンをぶら下げて…”

人間、焦ると目の前のニンジンしか見えなくなる。
〝先日ある立憲の人から「前原さんが脱藩した坂本龍馬になって、薩長同盟を手助けしてくれ」と言われた。「俺が一番初めに殺されるということか」と思ったが、「いいよ」と言った。〟
かなり読み応えのあるインタビュー記事ゲロ🐸特に共産党に関係する部分は単純な反共ではない、着地点を示唆する言い回しゲロ🐸まぁ、納得しない人は多いと思うけど絶許では表現ゲロ🐸
「維新とも協力を密にしていきたい」って言ってるのに最後は「坂本龍馬に!!! おれはなる!!!」って締めるの斬新。ウルトラC。
これを見ると国民民主は自民に行く人、立憲に行く人、維新に行く人などに四分五裂しそうな予感。
> 聞き手「当初予算案に賛成した国民民主の判断をどう評価しますか」
> 前原氏「党として決めたことは是とした上で、個人の意見を言う」

国民民主の前原氏、玉木代表路線に異論「与党化の動き広がらない」:朝日新聞デジタル
「僕は野党だ。動きが出ても、党全体には広がらないだろう」

サンキュー前なんとかさんフォーエバー前なんとかさん
迷走にしか見えない。予算案への賛成は、与党の一角として追及される立場になるということ。

>予算案への賛成は、首相指名と同じ意味合いを持ち、政府のやっていることに全て賛成することになる
こちらにコメントしました。前原氏の怒り。

🅰️朝日新聞デジタル

【視点】前原氏のロジックは参院選に向かううえで、とてもオーソドックスだと思います。自公政権に対峙する野党の枠組みをきちん...
前原氏がだいぶスタンスを明確にしてきているなぁ。

国民民主の前原氏、玉木代表路線に異論「与党化の動き広がらない」:朝日新聞
国民民主の前原氏、玉木代表路線に異論「与党化の動き広がらない」:朝日新聞
Q>参院選後に国民民主が自公両党と連立や閣外協力をする可能性があるのでは?

誠>党内で…(略)…ただ、国民民主の命綱である連合の民間産別が望んでいないので、たぶんそうはならないと思う…
――参院選後に国民民主が自公両党と連立や閣外協力をする可能性があるのか

前原「党内で一部考えている人がいるかもしれない。ただ、国民民主の命綱である連合の民間産別が望んでいないので、たぶんそうはならないと思う。「野党」の立ち位置で、参院選は自公と対峙する」
予算案の採決を欠席した前原誠司さん。国民民主党について、立憲民主党とのこと、参院選の戦略など、様々なテーマについて質問しました。
「予算案への賛成は、首相指名と同じ意味合いを持ち、政府のやっていることに全て賛成することになる。野党としてはあり得ない」

全ての国民民主の党員、支持者に聞かせたい。政府を全肯定することと同義だっていう自覚をしたうえで、賛成してるのか。
以上
 
PR
PR