濃厚接触者の待機期間、10日→7日へ 最短5日になる職種も検討 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(10)

のリスク変化「濃厚接触者の発症リスクは感染者に接触して10日間なら1%未満だが、7日間だと5%程度となる」こういう数字をほとんど見ない.:朝日新聞デジタル
自宅療養期間が7日に変更になったらしい。。。
最短5日になる職種も検討  

”濃厚接触者の待機期間は、従来は14日間だった”
”厚労省が今月、10日間に短縮していた”
身の回りをみると、本当に機能維持が厳しい段階が近づいてきている。その認識が人によってまちまちなのが困った点。
 最短5日になる職種も検討
???「社会機能の維持が難しくなるため」???
かかっても医療が機能してないのに、かかってもいいから社会機能を果たせと。。国民見殺し。。。
濃厚接触者の待機期間について、厚生労働省は、現在の10日間から7日間に短縮する方向で調整に入った。
国立感染症研究所によると、濃厚接触者の発症リスクは接触後10日間なら1%未満だが、7日間だと5%程度となる。
●濃厚接触者の待機
10日→7日へ
最短5日の職種も検討
感染研
濃厚接触者の発症リスクは、接触から10日間なら1%未満、7日間だと5%程、と。
残存リスクをどこまで許容できるか

専門家らは、健康状態の確認等を続ければ、7日間短縮でも、14日間待機と同程度のリスクに、と
厚生労働省は7日案について、首相官邸側と最終協議に入る見通しです。
最短5日になる職種も検討:🅰️朝日新聞デジタル
厚労省が短縮の方向で調整:朝日新聞デジタル 濃厚接触者の待機期間は、従来は14日間だった。現在主流になっているオミクロン株の潜伏期間が約3日と短いことがわかり、厚労省が今月、10日間に短縮していた。
以上
 
PR
PR