郵便局長の横領また発覚、顧客から8千万円超 不正防止強化のさなか:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(22)

会計処理が一人だよ。この忙しいのに。
「40代の元局長が2018年1月~21年11月、顧客5人から預かった通帳などを使って計8800万円を貯金口座から抜き出し、11月には金庫などの現金300万円も着服した」
秘密結社『全国郵便局長会』
地球侵略へ準備は着々と進行中❗
資金源は・・・⁉️( ̄▽ ̄;)
郵便局員による横領・着服、多すぎる。中国支社公表のプレスリリースに「社員指導を徹底してまいります」と記載あるけど、指導しても不正は無くならない。不正されることを前提とした「仕組み」が必要では?
年賀状ノルマなどの話を聞いた頃から、郵便局は組織としてはクソなんだろうなと思っている。
郵便局長という響き。
まあ~、次から次へと「遵法違反」を繰り返す‼️
独占企業は、何をやっても存続するとは呆れる‼️
大なた振るうは、誰がやるのか⁉️
腐ってもで生存させても困るが⁉️
朝日新聞: 不正防止強化のさなか:
「局長であらずんば、人にあらず」

穴埋めは正社員の休暇を削って対応するよ!
所定労働時間で今まで以上にキリキリ働いて、しっかり稼ぐんだよ!

郵便局長の横領また発覚:朝日新聞デジタル
#

京都の郵便局に勤める友人が言うに、局長は御山の大将、お金足りないと勝手に補填、社員への権力を笠に着たセクハラ当たり前らしい。

ずーっと転勤のない局長ってのは癌なんだろう。
これが自民公明維新政治だな?
誰も責任を取らずに逃げ回るだけなのだから、永久に終わらない
山口県防府市の40代の局長が2018年~21年、顧客5人から預かった通帳などを使って計8800万円を貯金口座から抜き出し、11月には金庫などの現金300万円も着服していました。
"不祥事は多くが旧特定郵便局の局長による。郵便局網の原点は地方の名士らによる明治初期の私財提供にあり、局長職が世襲のように引き継がれた例も多い。不転勤を求める郵便局長会が局長人事に影響力を持っており、転勤の少なさが不正を発覚しにくくしているとの指摘もある"
【#郵便局】 "相次ぐ不祥事は多くが 旧特定郵便局の局長による。郵便局網の原点は地方の名士らによる明治初期の私財提供にあり、局長職が「世襲」のように引き継がれた例も多い"
自分の金と他人の金の区別がつかない奴が、金融機関の親玉でいられるはずがない。警察官が泥棒するようなものだ。
裁判して刑務所に入れましょう!
山口県防府市の40代の局長が2018年1月~21年11月、顧客5人から預かった通帳などを使って計8800万円を貯金口座から抜き出し、11月には金庫などの現金300万円も着服
株主からも局長転勤の声があがっても、不転勤にこだわるのは…
ひょっとして、同様の犯罪が次々と出てきてしまう恐れがあるからじゃぁないの?
諸々片付けてから局長転勤にしたりしてw
また郵便局長が顧客の貯金から横領。「日本郵政から国民を守る党」が必要かも。
●硬貨の預け入れ手数料徴収はこのためですか?w
郵便局長の横領また発覚、山口で8千万円超 不正防止策強化のさなか
以上
 
PR
PR