インフラ復旧も住民戻らず 課題解決「地道に」 南相馬市長選を前に:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(5)

「小高区の居住人口は震災直前の約1万3千人に対して、移住者がありながらも、現在は約3800人にとどまる。そのほぼ半数は65歳以上の高齢者」。
原発事故後、南相馬市の小高区と原町区の一部に出ていた避難指示は2016年7月、ほぼ全域で解除された。それから約5年半。小高区の居住人口は震災直前の約1万3千人に対して、移住者がありながらも、現在は約3800人にとどまる。そのほぼ半数は65歳以上の高齢者が占める。
福島県南相馬市は避難指示解除から約5年半がたつ今も、小高区の人口は震災前の約3分の1にとどまり、
住民が戻る為に福島第三原発の新設が必要。
以上
 
PR
PR