ダメ一辺倒からハイリスクに集中へ 「ステイホーム必要ない」の真意 [オミクロン株] [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(22)

二年も経っているのに「行動制限の緩和と、医療提供体制の維持。専門家も、このバランスをどう取るかという難題に突き当たっている」としか書けない新聞など要らない。だから我が家では朝日の購読をやめた。エセ専門家とエセメディアの饗宴。
検査してくれないと普通に動けないからなぁ。検査で陰性じゃないと〇〇できない、がなくならないと検査の希望減らないよね。:
gotoの時にも尾見先生が言ってたことじゃないか?
これ
みんな誤解してるけど、
尾身先生はなんでもかんでもダメとか言うてきてないんだよね

 「ステイホーム必要ない」
「ステイホーム必要ない」の真意:朝日 >感染力が高く短期間で感染者が増えるが、デルタ株に比べ重症化しにくい//基礎疾患のない若い世代は、症状が軽ければ検査や受診を急がず自宅で安静に//高リスクの人が治療を受けやすいように//
ここまでやってきてステイホーム「なんて」と片付けられてしまった。
自分たち学生だって学校に行けず、いろんな大会だってなくなってきたのに今までの時間を「なんて」で片付けないで欲しい。
「オミクロン株は「デルタ株とは全然違う感染症」」。
敵が勝手に弱くなった?という面白い現象。
ダメ一辺倒からハイリスクに集中へ >>基礎疾患のない若い世代は、症状が軽ければ検査や受診を急がず自宅で安静に過ごすことを検討してもらい、高齢者ら高リスクの人が治療を受けやすいようにするという考え方
>基礎疾患のない若い世代は、症状が軽ければ検査や受診を急がず自宅で安静に過ごすことを検討してもらい、高齢者ら高リスクの人が治療を受けやすいようにするという考え方

 「ステイホーム必要ない」の真意:朝日新聞デジタル
> ステイホームなんて必要ないと思う。リスクの高いところに集中して、みんなで気をつけるということだ

リスクの高いところ → 職場や通勤経路
エッセンシャル職で無い方を除いて出勤回数を
尾身先生のお立場でこうおっしゃってる。

僕はたとえ重症化しなくともいま感染したくない理由があるが、半年前とかの急増時期とは異なりお店を休むつもりはない。

「オミクロン株の特徴として、ステイホームとか、外出自粛とか、店を全部閉める必要がない」
行動制限の緩和と、医療提供体制の維持。専門家も、このバランスをどう取るかという難題に突き当たっている。
『ステイホームは必要ない』
この発言、早く撤回しないとやばいことになるぞ。
曲学阿世とはこの人のためにある言葉。勉強になります。
ああ。初期の「発熱から4日間」が復活ですか💦

基礎疾患のない若い世代は、症状が軽ければ検査や受診を急がず自宅で安静に過ごすことを検討してもらい、高齢者ら高リスクの人が治療を受けやすいように
結局、何が変わったのか。「ハイリスク」の場所としてまず飲食店の制限というのはこれまで通りだし、「重症化リスクが高い人が受診しづらくなっている」から軽症者は自宅で安静に、も、最初からずーっと。いつまで経っても検査キャパ増えない。
「ステイホームなんて必要ない」という尾身会長の発言にびっくりした人、多いと思います。これまでとは違う感染症だという認識が専門家の間でも定置しつつあるようですが、それはそれで向き合い方の難しさがあるようです
何でもかんでも「出りゃ抑制」って、全然学習してないね。この2年間学習してたの❓
ジジイは生きろ
若者は死ね
としか受け取れないけどなぁ
データからはオミクロンはインフルエンザ並みの危険度。
日本に住む人は、例年になくワクチン接種率も高い。
普通に活動すべき。インフルエンザには例年一千万人位が感染してきた。
感染者が増えて収拾がつかなくなったから軽症者は
検査や受診を控えろというこれまでの政策の繰り返し。
>基礎疾患のない若い世代は、症状が軽ければ検査や受診を急がず自宅で安静に過ごすことを検討してもらい

いや…結構、泣き言を言うから難しいと思う…💧
「オミクロン株の特徴として、ステイホームとか、外出自粛とか、店を全部閉める必要がない」

繁華街への人出を減らす「人流抑制」から、飲食店などの「人数制限」へシフトすべきだとの考えを示した
以上
 
PR
PR