「規制委は住民と対話を」 第一原発廃炉めぐり専門家ら:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(6)

福島第一原発廃炉めぐり専門家ら:朝日新聞デジタル
「規制委が説明した処理水放出に伴う海洋調査について「決定プロセスに住民は参加したのか。地域の視点はどこに入るのか」と疑問を示した。」
松岡さんは「これだけ時間をかけながら、一方的な説明に終始したため、いまも政府決定に対する社会の納得を得るのが難しくなっている。この教訓を肝に銘じる必要がある」(ただ先送りしてただけだし
東京電力福島第一原発の廃炉や事故調査を、どう進めるべきか。
以上
 
PR
PR