悪い人が大学トップ…学外者の評議員会で解決?早大総長「おかしい」:朝日新聞デジタル

 相次ぐ私立大学の不祥事を受け文科省が設けた学校法人ガバナンス改革会議が、報告書をまとめた。だが、私大側の反発により、別の会議で議論が続く異例の事態に。改革は進むのか。

ツイッターのコメント(21)

#

悪い人「おかしい」
日大は理事会で止められなかったから評議員会をつくる案に対し、権力志向の人なら評議員会の議長を狙うと。その発想はなかったが政治学の先生だからリアリティがありそう…
#

え、投票行動論で「民主主義係数」とかアホなこと言ってた田中愛治氏、今総長やってんのかよ。
「自主的、積極的に理事会の情報公開を進めることが、私大への国民の不信感を取り除く第一歩」相互チェックの体制も必要。
早大田中総長
「「同じ公益法人の社会福祉法人などと同じガバナンスを、なぜ学校法人は受け入れないのか」。そう問われることがあります。私は「与えられた使命が異なるからだ」と答えます。学校は、日本の将来を担う人材を育成する場です」。
(続きます)
相次ぐ私立大学の不祥事を受け文科省が設けた学校法人ガバナンス改革会議が、報告書をまとめた。だが、私大側の反発により、別の会議で議論が続く異例の事態に。
「大学の自治が保障されてきたからこそ、学問の観点から大事だと考えることに取り組むことができていた」
「世の中に直接役に立つか、という狭い視野だけで判断したら、文学やスポーツの意義が大きく否定されることにも」
(早大総長・日本私立大学連盟 田中愛治氏)
悪い人が別のところのTOPに座るから真似するよね。悪い大人が。
日大問題を契機に塩崎恭久は評議員会を、田中愛治は理事会を強調する。教授会と学生の自治をいうのが左派だった。だがかつての急進運動大学は富裕層の養成機関になろうとしている。下からどう突破するか。
これはほんとにそう思う。
日大の事件を利用して、大学自治を取り上げようとするのはダメ。
学問は政治権力から、自由であるべき。

〉経営的観点だけは危険、大学自治の尊重を
 
PR
PR