「鹿島ファミリー」を築いたマンさん 引き際の言葉ににじんだ哲学:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(5)

鹿島はだんだん変わっていくような気がする。本拠のこともあるし。地域とプロスポーツとの関係ではお手本となる例の一つですが、これからどうなるか……。

 引き際の言葉ににじんだ哲学:朝日新聞デジタル #
<「自分が辞める方が、簡単だったな」戦力外、移籍、選手の人生を左右する決断。その責任と真っ正面から向き合い続けた、マンさんらしい引き際の言葉だった。>

 引き際の言葉ににじんだ哲学:朝日新聞デジタル
「『うちの場合、契約満了選手もそこで終わりじゃない。全員、次の移籍先まで面倒を見る』。勝つための選択と人の情。時に相反する両方の視点から選手のことを考えた。だから、どんなに短い期間でも一度鹿島に関わった選手はみな、『アントラーズファミリー』になる」
満さんが残してくれたものが、ここにあります。
引き際の言葉ににじんだ哲学
以上
 
PR
PR