米議会襲撃から1年、全米各地で集会 「民主主義を守るために来た」:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(11)

2016年に同じ事をしておいて、自分達のは平和的な抗議活動で相手のは民主主義の破壊?
そんな訳ないだろ
これは、もう民主党側の自白も同然でしょ

 「民主主義を守るために来た」:朝日新聞デジタル
「民主主義を守るために来た」
「暴動、数年のうちに起こる」 57%が回答
「民主主義を失う寸前だった」:朝日新聞デジタル #
→あの事件でトランプが罰せられなかった事が支持者をのさばらせたと思う。
残念ながら、今の米国はすでに「国内にデマを蔓延させてヘイトを煽動し、革命未遂まで起こす孤立主義政党」と「同盟国間でデマ製造チェーンを構築し、生産したデマを多国間に蔓延させる多国主義政党」がフェイクを競い合う状態に入っている。未来は決して明るくないだろう。
アーリソンさんは米国を修復するため、地域社会に根付き、信頼される情報源の存在が必要だという。「広く反証されている誤情報を信じるひとがたくさんいる。 1136
ニューヨーク(NY)の集会に参加した市民は、米国の民主主義が危機にあると強調。今後の選挙の行方を心配する声も聞かれた。
9.11のように、もはや固有名詞になった「1.6」から1年がたちました。米国では今日、各地で「民主主義のための祈り」と題した集会が開かれ、NYで取材しました。

「民主主義」という言葉を、取材でこれほど何度も聞いたのは初めてです。市民は強い危機感を抱いています。
「民主主義を失う寸前だった」:朝日新聞デジタル 宗教信者のようなトランプ崇拝者。日本でも、アベのように嘘や改ざん、隠ぺいなどが行われても派閥の長に君臨している。恐ろしい世にならないことを祈っている。
以上
 
PR
PR