「無理しなくていい」と患者支えた 火災で不明の院長、信頼厚く [大阪・北新地のビル火災]:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(13)

何か…ひっかかった言葉が有ったかもしれないし、
目線の配りかた(処方箋の作成時間)の違和感か…

同じ職種の医師だと、良い部分しか見ないかもしれませんが、
一寸だけですが、心理学を習っていた身から見ますと、
開業するという事柄に関しては慎重な部分が㈲かと予想。
・北新地のビル火災

グループケアと僕たち・わたしたちの居場所

居場所化する医療現場に対し後期高齢者医療制度の破綻は介護保険制度という現代の とまで称される場を設け
・北新地のビル火災 :
そんなに良い医師だったのか、残念だ。容疑者を憎む!
▶️ ・北新地のビル火災
・北新地のビル火災
・北新地のビル火災

山積している日本社会の問題を突きつけられるようだ。1日で100人以上患者を診察する人気クリニックは、それだけ、日本の会社で苦しんでいる人が多いと言うこと。
男を追い込んだのは先生ではないはずだけど…やるせない
そうか…。時代は違えど私の前の前の職場近大にいらしたのか…。

"西沢さんは1997年に埼玉医科大を卒業し、近畿大医学部第2内科(現在の内分泌・代謝・糖尿病内科)に入局。"
“「多くの働く人にとって、この場所は希望だったはず」”

・北新地のビル火災
この火災は医療・福祉施設における患者・利用者によるスタッフへの暴力行為の一つである。多くの人が巻き込まれここまで悲惨なことにならないと警察沙汰にならない。多くの暴力被害が隠蔽されスタッフが苦しんでいる現実に目を向けるべきである。
・北新地のビル火災
「無理しなくていい」では?
・北新地のビル火災 こういうことがあると、親切な先生というのはいなくなっていくんだろうなぁ。
とんだ災難だ。 ーー
以上
 
PR
PR