障害者「私宅監置」描く文化庁映画賞作、記念上映延期 遺族の要求で:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(10)

>映画で取り上げられた男性の遺族が、事実関係と異なる部分があるとして上映中止を求め、文化庁が延期を決めた。制作側は文化庁の判断を批判し、自ら上映会を開くとしている。

表現の自由ガーじゃないでしょ…
上映会決行する前にご遺族に向き合いなよ
1)精神障害者を閉じ込める「私宅監置」を扱うドキュメンタリー映画「夜明け前のうた」。文化庁の映画賞に選ばれたが、上映会が延期に。映画で取り上げられた男性の遺族が、事実関係と異なる部分があると主張/文化庁映画賞作、記念上映延期
「悪いのは制度と制度を認めた社会。訴えることができるのは犠牲者だけです」と原監督は言っていたことがありました。制度や社会が改善されてきた今でも、家族は当事者として葛藤しながら生きています。家族がどう描かれているのでしょうか。
映画は原義和監督の「夜明け前のうた 消された沖縄の障害者」。明治時代に制度化され、1950年に禁止された私宅監置が、占領下の法制度の違いで70年代まで認められていた沖縄での実態を取材した。今春から劇場公開され、文化庁映画賞文化記録映画部門の優秀賞に選ばれた。
精神障害者を個人宅で閉じ込める「私宅監置」を題材にし、文化庁映画賞の文化記録映画部門優秀賞に選ばれた原義和監督のドキュメンタリー映画「夜明け前のうた」の記念上映が延期されています。文化庁、遺族、監督それぞれの考えを取材しました。
精神障害者が合法的に個人宅で閉じ込められていた「私宅監置」を題材にしたドキュメンタリー映画が、文化庁の映画賞に選ばれながら、受賞の記念上映ができない事態になっている。
いろいろな問題が凝縮されている。/
映画は原義和監督の「夜明け前のうた 消された沖縄の障害者」。明治時代に制度化され、1950年に禁止された私宅監置が、占領下の法制度の違いで70年代まで認められていた沖縄での実態を取材した。
遺族の要求で...
以上
 
PR
PR