「極右では勝てないのでは?」急浮上のフランス大統領選候補に尋ねた:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(10)

「だって街中は汚いし、犯罪だらけだし、みんなエゴイストで他人に敬意を払うことを知らないし。日本とは正反対だ」。
結局、日本のベースは基本的に極右なんじゃないか。そう考えると色々腑に落ちるじゃないか。

『欧州の極右や右翼を取材していると、日本に親しみを持つ支持者によく会う。彼らは、「日本人はまじめで礼儀正しい。移民も制限している」というイメージを共有している。』
「本当のことを言ってくれる初めての政治家だ」トランプ現象のフランス版という面もありそうだな。
「極右では勝てないのでは?」急浮上のフランス大統領選候補に尋ねた

ゼムール氏「イスラム教徒による、フランス人の大いなる(民族的)置き換えが起きている」「フランスは衰退した。フランスはもはやフランスではなくなった」

極右?
何処が
フランスをアメリカとか日本に置き換えて読んでみる。

<多文化主義がフランスを壊した>

このねじれた解釈(と私は思う)を、ほぐすカギはなんだろう

>「極右では勝てないのでは?」急浮上のフランス大統領選候補に尋ねた:朝日新聞デジタル
エリック•ゼムールは仏大統領候補としてマリーヌ・ルペンに次ぐ人気だがさらにヴァレリー・ペクレスも有力でこの人も右派。かつてミッテラン大統領を生んだ社会党の候補は目下、支持率最下位。フランスも明らかに右旋回中。
そりゃ日本は既に極右で排外主義のカルト政権に乗っ取られてはや10年の国だからね。😔

「欧州の極右や右翼を取材していると、日本に親しみを持つ支持者によく会う。彼らは、『日本人はまじめで礼儀正しい。移民も制限している』というイメージを共有している」
"外交に目を向ければ、豪州と結んだ大型潜水艦建造契約を、米英にさらわれた。世界の地政学的関心が注がれる太平洋で、重要なパートナーだった豪州から「選ばれない」現実を突きつけられた。"

そして朝日新聞はフランスに特派員を一人しか派遣していないw
「極右では勝てないのでは?」急浮上のフランス大統領選候補に尋ねた:🅰️朝日新聞デジタル
「極右では勝てないのでは?」急浮上のフランス大統領選候補に尋ねた
以上
 
PR
PR