共産との枠組み、4氏が見直し言及 「間違いではない」 立憲代表選 [立憲]:朝日新聞デジタル

 立憲民主党の代表選(30日投開票)に立候補した逢坂誠二元政調会長(62)、小川淳也元総務政務官(50)、泉健太政調会長(47)、西村智奈美元厚生労働副大臣(54)の4氏が22日、日本記者クラブ主催の...

ツイッターのコメント(21)

「4氏が見直し」とあるが
西村氏だけ、共闘の成果を上げ、前向きに、
さらなる共闘の為の「見直し」といっている。
否定したって支持者は増えないし共闘支持者を落胆させるのみ。連合会長はこれを言い訳に利用しただけ。表向きはともかく、ここは自民党のようにしたたかにやるのがいいのでは?素人ですが・・・
 「間違いではない」立憲代表選:
元々国民民主党からやってきた泉氏は国民民主党と連合を重視する立場はわかる。西村氏は共産党連携に吹っ切ると言っているのでこれもわかりやすい。逢坂氏はウイングを広げる必要性を語る割に広げる施策はない。小川氏は泉氏との差異がわからない。
11/22
"逢坂氏は、「政権選択選挙という現実感があったか。国民はそうは思ってなかった」と指摘。"
4氏とも共産党との閣外協力は見直すが野党候補一本化は継続する?
立憲の目指す具体的なところがわからない。共産党から票をもらうだけ?共産党が協力する理由は?
自民維新国民の批判で負けたと思い軌道修正しているんだが、もう少し勝利の可能性が見えてきてからの話だよ。本当にこれで負けたと思っているなら、いつまでたっても勝てんよ。
何も言っていないことを、さも言ったように書くのはよろしくないですな。
菅政権のままなら「変えよう」と思った有権者はもっと多かっただろう。岸田政権になったことで「もう変わった」と思ったか、あるいは「このくらい変わればいい」と思った有権者が多かったのではないか。
この状況では没落の道まっしぐらかな。 [立憲]:朝日新聞デジタル
蔵前論説委員のコメントのように、自民党の権力闘争を基準に評価されても困りますよね。
立憲の各候補者の基本政策に差がなければ、力点を置く政策や視点の違いを読み取り伝えるのが記者の仕事では?
 
PR
PR