不妊や流産に受精卵の検査はどこまで効果? 学会は認めるが課題多数:朝日新聞デジタル

 体外受精でできた受精卵(胚(はい))の染色体を調べ、不妊治療の成功につなげる「着床前検査」。日本産科婦人科学会(日産婦)は10月、条件付きで実施を認める方針を示した。「流産を回避する効果が期待できる...

ツイッターのコメント(3)

受精卵の着床前に検査して「不良ならば廃棄」というのは人権問題とかかわるか??
体外受精でできた受精卵の染色体を調べ、不妊治療の成功につなげる「着床前検査」。日本産科婦人科学会は10月、条件付きで実施を認める方針を示しました。「流産を回避する効果が期待できる」としますが、病気や障害がある人の排除につながりかねないとの指摘もあります。
体外受精でできた受精卵の体を調べ、不妊治療の成功につなげる「着床前検査」。日本産科婦人科学会は「流産を回避する効果が期待できる」と条件付きで実施を認める方針を示しました。ただ、病気や障害がある人の排除につながりかねないとの指摘もあります。
以上
 
PR
PR