タコクラゲ、桜島を背にゆらり 鹿児島湾近くで大量発生:朝日新聞デジタル

 鹿児島湾に近い鹿児島市の水路で大量発生したタコクラゲを、東京都の水中写真家、堀口和重さん(35)が撮影した。桜島や建物を背景に、無数のクラゲがゆらりと漂っている。 撮影は10月5~6日の午後6~8時...

ツイッターのコメント(8)

《鹿児島湾に近い鹿児島市の水路で大量発生したタコクラゲを、東京都の水中写真家、堀口和重さん(35)が撮影した。桜島や建物を背景に、無数のクラゲがゆらりと漂っている》
「かごしま水族館によると、タコクラゲは体内に共生する藻類(褐虫藻)の光合成で生み出される栄養などで生きており、藻が多いほど茶色くなる」どれも何とも言えない不思議な雰囲気の写真ですね。動画も見てみたい。
幻想的ではありますが、何か被害がなければいいのですが…………
どうやって撮影するんだ...すごい...
光合成するクラゲ!

『かごしま水族館

タコクラゲは体内に共生する
藻類(褐虫藻)の光合成で生み出される
栄養などで生きており
藻が多いほど茶色くなる
傘の下の突起が8本あることからタコの名』

タコクラゲ
桜島を背にゆらり

朝日新聞デジタル
鹿児島湾に近い鹿児島市の水路で大量発生したタコクラゲを、東京都の水中写真家、堀口和重さん(35)が撮影した。桜島や建物を背景に、無数のクラゲがゆらりと漂っている。
鹿児島湾に近い鹿児島市の水路で大量発生したタコクラゲを、東京都の水中写真家、堀口和重さん(35)が撮影した。桜島や建物を背景に、無数のクラゲがゆらりと漂っている。 撮影は10月5~6日の午後6~8時ごろ。撮影用…
ディズニーのパレードみたい(違いますかね)なステキな写真です。
以上
 
PR
PR