眞子さまがみせた覚悟へ、心から拍手を 元担当記者が願う新たな人生 [眞子さまと小室圭さん結婚]:朝日新聞デジタル

ツイッターのコメント(41)

「その潔さと覚悟とに、心からの拍手を送りたい。これだけのパワーがあれば、きっと道は開けると信じている。これからは一人の女性として、自分の可能性に存分に挑戦していただきたい」
#
でもなぜ今になってこのような賛辞を書くのだろうか。相手を突き下ろしていて、今になって賛辞を書くことの心境が判らない。
元担当記者が願う新たな人生

良い記事だったので。二人には渡米の手続きなどを手伝ってくれる仲の良い友達とかはいるのかな。
同感です
人生は自分で拓くもの
幸せな人生を過ごしてください
ご結婚おめでとうございます
お二人にエールを贈りたい!→
おみごと メディアはこの記者会見を何と聞く
他人の結婚のことだから触れずにきたけど、きのうの眞子さんの凛とした強さと美しさにはハッとしたよ。とはいえ、どんなに強くても情熱的な結婚でも、長い結婚生活ではグチを吐きたいときもきっとある。そのガス抜きを受け止める方が側にいるといいなあ…。お幸せに!
勇気ある眞子さまの今後のご多幸とご活躍を私も心からお祈りしたいと思います。・・
読んで涙が。これからのお2人にたくさんの幸が降り注ぎますように。
この2人に今世紀最大の不幸を与えて下さい!
そして今一度国民の前に出てきて土下座謝罪会見をさせてください!それくらいしてもらは無いと許せません‼︎
《今回眞子さまに、そのシェルターすら無い。皇族に戻る、という選択肢は、ないからだ。退路を断ち、億円単位の一時金も辞退した。一切をなげうって、眞子さまはアメリカの知らない土地で、全く新しい人生を生きようとしている。》
 
PR
PR