「強制連行」記述を訂正 歴史・公民の教科書6社、政府答弁書ふまえ:朝日新聞デジタル

 戦時中に朝鮮半島の人々を日本で働かせたことについて、歴史や公民の教科書を発行する高校と中学の教科書会社計6社が、「強制連行」という用語を「強制的に動員」などと訂正する申請を文部科学省に出し、11日に...

ツイッターのコメント(25)

「従軍」を削除したい文科省、これが政権与党の本音。設立に軍の関与は資料から明らか。小さなウソから現代史が捻じ曲げられるのは許せない。>
今読んでいる広島市元市長の平岡敬著「差別と偏見」の中に、彼が自ら行った徴用朝鮮人被爆者の調査の記述がある。
その中で、村ごとに徴用する人数が決められており、ある日突然、家族との別れを告げる間もなく日本に連行されて来たと言う記述は多い。
公民の教科書を変えるなら「三権分立」と言う言葉を削除してくれ
あと、日本は民主主義ではない
1)戦時中に朝鮮半島の人々を日本で働かせたことについて教科書会社の東京書籍、第一学習社、学び舎、山川出版社、実教出版、清水書院の6社が「強制連行」を「強制的に動員」などと訂正申請。文科省が承認/ 歴史・公民の教科書6社:朝日新聞デジタル
くだらね。具体的事実を教えればいいだけ。ひどいことがたくさんあったのだ。
>「強制連行」という記述は残したまま、注釈で答弁書の内容を付記する社もあった。

どこなんだろうなぁ。
まかり通る歴史修正に強く反対する‼︎
記事紹介:「みんなの会」も賛同しました。賛同団体は192+1団体ということ。

伊藤和行2021年10月18日 22時15分 朝日デジタル
政府の答弁書で教科書の表現が変えられるのは、おかしいことだ。

日本全体が、修正主義になってしまう。
政府答弁で変更?狂ってんな。
 
PR
PR